足立区綾瀬美術館 annex

東京近郊の美術館・展覧会を紹介してます。 絵画作品にときどき文学や音楽、映画などもからめて。

ドラクロワ「墓場の孤児」

0   0


墓地を背にして、
戸惑いの表情を浮かべる少女。
ウジェーヌ・ドラクロワ墓場の孤児」。
彼女は何を見、何を思うのでしょうか。


ドラクロワ「墓場の孤児」
Jeune orpheline au cimetière(1824)
Eugène Delacroix




墓場の孤児」は、ドラクロワが25歳のときに描いた作品。
ギリシャ独立戦争における虐殺を描いた「キオス島の虐殺」の
下絵として描かれたという説もあるそうですが、真相はいかに。
当時のフランスは打ち続く戦争や政治的混乱の影響で、
多くの孤児が明日をも知れぬ日々を送っていたのだとか。
ドラクロワも若くして両親を失っており、
墓場で出会った少女に、自身の人生を重ね合わせたのかもしれません。
哀しみを引きずり、墓地に座り込む少女。
けれどその面差しは凛々しくもあり、
不安に立ち向かおうとする意志も感じられます。

ドラクロワ「キオス島の虐殺」
Le Massacre de Scio(1824)
Eugène Delacroix




小説家の伊集院静は「美の旅人 フランス編」のなかで、
ドラクロワの作品で最も好きな一枚として「墓場の孤児」を選んでいます。
「美の旅人」はスペインからフランスへ、全6巻にわたる絵画の旅物語。
ちょうど今日、シリーズ全作品を読み終えたんですが
知らなかった作品もたくさんあって、「墓場の孤児」もその1枚でした。
素敵な出会いに感謝感激、いつか本物を見てみたいものです。




ぽちっとお願いします♪
人気ブログランキングへ  Twitterボタン


美の旅人 フランス編 2 (小学館文庫)美の旅人 フランス編 2 (小学館文庫)
(2010/11/05)
伊集院 静

商品詳細を見る


関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://suesue201.blog64.fc2.com/tb.php/360-3db4cbb8
該当の記事は見つかりませんでした。