足立区綾瀬美術館 annex

東京近郊の美術館・展覧会を紹介してます。 絵画作品にときどき文学や音楽、映画などもからめて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウォーターハウス「ヒュラスとニンフたち」

0   0

美しい7人のニンフたち。
思わず心を惹き付けられてしまいますが・・・
いけないいけない、彼女たちの強烈な魔力に絡めとられたが最後、
哀れ男は水底に引きずり込まれてしまうのです。


ヒュラスとニンフたち



ウォーターハウス、1896年の大作「ヒュラスとニンフたち」。
画面左でニンフに腕をつかまれている男がヒュラスです。
彼は血のつながりはないもののヘラクレスが我が子として育て、
しかもヘラクレスの恋人でもあったという美少年。
旅の途中で清水を求めて立ち寄ったある島で、
ヒュラスは妖艶なニンフたちが住む池にたどりつきます。


水面を覆うのは白睡蓮の葉。ところどころ白い花を咲かせているのが分かります。
白睡蓮の学名は「ニンフェエア」。
泥土の中から蔓を伸ばし、美しい花を咲かせる睡蓮のように、
一糸まとわぬニンフたちはヒュラスを魅了し、池の底へと誘います。


何が怖いかって、ニンフたちの瞳。
目が合ったら固まってしまいそうな磁力を放っています。
無垢な乙女のようでいて、えも言われぬ官能的な姿態で
ヒュラスを誘惑するニンフたち。
その先に死が待っていると分かっていても、
男なら迷わず飛び込んじゃいますよね。




ぽちっとお願いします!
人気ブログランキングへ  Twitterボタン


J.W.ウォーターハウスJ.W.ウォーターハウス
(2006/11)
ピーター・トリッピ

商品詳細を見る


関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://suesue201.blog64.fc2.com/tb.php/38-9cf06736
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。