fc2ブログ

足立区綾瀬美術館 annex

東京近郊の美術館・展覧会を紹介してます。 絵画作品にときどき文学や音楽、映画などもからめて。

カルロ・ドルチ「悲しみの聖母」

0   0


なんて深い青なんだろう。
この絵の前に立つと、いつも敬虔な気持ちにさせられます。
ラピスラズリのかなしくも激しい青は、
何よりも雄弁に、聖母の思いを伝えます。
カルロ・ドルチ「悲しみの聖母」。
国立西洋美術館所蔵の作品です。


カルロ・ドルチ「悲しみの聖母」
Mater Dolorosa(c.1655)
Carlo Dolci




かなしみは しづかに たまつてくる
しみじみと そして なみなみと
たまりたまつてくる わたしの かなしみは
ひそかに だが つよく 透きとほつて ゆく

こうして わたしは 痴人のごとく
さいげんもなく かなしみを たべてゐる
いづくへとても ゆくところもないゆえ
のこりなく かなしみは はらへたまつてゆく

(八木重吉「はらへたまつてゆく かなしみ」)




だから、
悲しませたくないと
強く思うのです。
願うしかできないのは寂しいけれど
かなうと信じていればこそ
人は願い続けるのでしょう。





今日も明日もがんばろう。
人気ブログランキングへ  Twitterボタン

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://suesue201.blog64.fc2.com/tb.php/392-8c8e5628
該当の記事は見つかりませんでした。