足立区綾瀬美術館 annex

東京近郊の美術館・展覧会を紹介してます。 絵画作品にときどき文学や音楽、映画などもからめて。

山下清「長岡の花火」

0   0


8月が終わり、今日から新しい季節が始まります。
行く夏を惜しみながら、暑さを胸に引きずりながら、
それでもぼくらは、がむしゃらに進むしかない。


山下清「長岡の花火」
Fireworks of Nagaoka(1950)
Yamashita Kiyoshi




奇跡のような恋でした。
真夏の打ち上げ花火のように、
一瞬で夜空を満たし、激しい余韻を残して散っていきました。
はじめから
終わることがわかっていたから燃えあがったのか
思いは続くと信じていたからこそ
終わらせることができたのか
いずれにせよ
この花火の残像が消えてしまうとはとても思えず
目の眩むようなこの光は
たとえまぶたを閉じたとしても
いつまでも夜空に残るのだと思います。





言葉をささやきあうことが
うれしくて
くるしくて
ぼくはただ消えてしまいたかった。







泣きながら始まった恋なんだ。
何を言っても強がりになってしまうから
せめて最後は
すなおでありたい。



ぼくはただ
あなたに会いに
夜空をかけて行きたかった。





今日も明日もがんばろう。
人気ブログランキングへ  Twitterボタン

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://suesue201.blog64.fc2.com/tb.php/393-5bb8cfd6
該当の記事は見つかりませんでした。