足立区綾瀬美術館 annex

東京近郊の美術館・展覧会を紹介してます。 絵画作品にときどき文学や音楽、映画などもからめて。

フェルメール「天秤を持つ女」

0   0


この夏、ぼくは世界一しあわせでした。
このブログを定期的に読んでくださっている方なら
とっくに気づいているかもしれませんが、
人生でこれ以上はないというくらいの恋をして、
自分のすべてを受け入れてくれる人と出会って、
そんな2人だからこそ、短い期間でひとつの答えにたどりつきました。
この絵をもって、区切りとしたいと思います。
ぼくからの最後の回答であり、ここから再スタートとしましょう。


フェルメール「天秤を持つ女」
Woman Holding a Balance(c.1664)
Johannes Vermeer




フェルメール「天秤を持つ女」。
覚えていないかもしれないけれど、
最初に交わした会話がフェルメールでした。
いろんな寓意が込められた作品だけど、
ぼくはこの絵から
安らぎと、静けさと、そして希望を感じます。


こういう気持ちになれたのは今朝方なのですが、
ようやくぼくも、迷わずにすみそうです。
これからもぼくは、幸せな気持ちでいられそうです。


昨晩、友人と飲んでいて
ふいに涙があふれて、子どもみたいに泣きじゃくってしまいました。
幸いなことに、そいつはとてもできた男で
理由を聞かずに、泣き終わるまで
黙って待っていてくれました。
いろんな人に支えられて生きているんだなぁと、
そのときあらためて実感しました。
ぼくは決してひとりではないから、
心細くてもなんとかやっていけると思うのです。


さて。
終わりははじまりであり、
遠く未来をみつめれば、
もうひとつのはじまりがぼくを待っています。
そのときに紹介すべき絵も決まっています。
いつになるかはわからないけれど、
その日を楽しみに、ぼくはがんばっていこうと思います。




今日も明日もがんばろう。
人気ブログランキングへ  Twitterボタン

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://suesue201.blog64.fc2.com/tb.php/399-0f8d3849
該当の記事は見つかりませんでした。