足立区綾瀬美術館 annex

東京近郊の美術館・展覧会を紹介してます。 絵画作品にときどき文学や音楽、映画などもからめて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仙がい「老人六歌仙画賛」

1   0


腰はまがって杖をついて、
けれどお顔はにこやかで。
仙がい「老人六歌仙画賛」。
人生の悲哀なんてここにはなく、
老後というものがなんだか楽しみに思えてきます。


仙がい「老人六歌仙」



六人のご老人のうえに書かれた狂歌ですが、
順に抜き出すと以下のようになります。


しわがよる ほくろが出来る 腰が曲がる 頭がはげる ひげ白くなる
手は震え 足はよろつく 歯は抜ける 耳は聞こえず 目はうとくなる
身に添うは 頭巾 襟巻き 杖 目鏡 たんぽ おんじゃく しゅびん 孫の手
聞きたがる 死にともながる 淋しがる 心は曲がる 欲深くなる
くどくなる 気短になる 愚痴になる 出しゃばりたがる 世話焼きたがる
またしても 同じ話に 子を誉める 達者自慢に 人は嫌がる



いやはや、何とも……(笑)
でも、仙がいの愛らしい絵とセットにすると
楽しい気持ちになってくるから不思議ですね。
開き直りと言ったらあれだけど、
人生何するものぞとユーモアで吹き飛ばす、
これが大切なのだと思います。


昨日は父の退職祝いということで、
上野で家族集まってお食事(飲み)でした。
その前に出光美術館に寄って、
見たのがこの「老人六歌仙画賛」。
同じ内容の作品がいくつかあるようなんで、
これだったかどうかは定かではないけど
65歳の父と会う前に、ちょっとだけ優しい気持ちになれました。
夫婦ふたりで、こんな風に
にこやかでわがままな老後を過ごしてほしいと思います。


さて話は変わって。
先日に続いて、もうひとつ広告賞をいただけることになりました。
ありがたいお話なんだけど、問題もあって。
今の会社に就職してから7年目なんですが、
退職するまでに、ちゃんとした賞を3つは取りたいと思っていて。
うちのような小さな会社で広告賞っていうのはなかなか難しいんですが、
昨年はじめて賞をもらって、今月ぽんぽんと2つもらってしまって。
あ、3つになっちゃった。。。
さてどうしようかな。
とりあえず、プライベートが不甲斐ないので
仕事で結果を出したのを親に報告できるのはよいことなんだけど。




今日も明日もがんばろう。
人気ブログランキングへ  Twitterボタン


関連記事

-1 Comments

kou says...""
<拡散希望>

上記のブログの内容とは関係ないコメントすいません。現在、日本ではとても危険な犯罪が蔓延しています。それらは一般の人にはわからないように行われていますが、日々、一般の罪のない被害者が増えている状況です。アメリカではニュース番組でも取り上げられており、いくつも裁判が行われています。以下は翻訳のニュース内容です。是非、こちらの動画をご覧になり拡散のご協力お願いします。実際に日本でも多くの被害者が苦しみ多くの自殺者を出しています。犯罪の名前は集団ストーカーといわれています。私もこの被害者の一人です。

全て翻訳されています。
http://www.youtube.com/watch?v=aijB0EzgX3c&feature=channel_video_title
http://www.youtube.com/watch?v=UlKqjl4gPGM&feature=relmfu
http://www.youtube.com/watch?v=KeRiAKS3730&feature=channel_video_title
ブログ「私が海外逃亡した理由」
http://doctorfish3.blog25.fc2.com/
2011.10.12 23:24 | URL | #sSHoJftA [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://suesue201.blog64.fc2.com/tb.php/420-d6912868
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。