足立区綾瀬美術館 annex

東京近郊の美術館・展覧会を紹介してます。 絵画作品にときどき文学や音楽、映画などもからめて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルドン「ポール・ゴビヤールの肖像」

0   0


昨日行ってきた三菱一号館美術館の
「ルドンとその周辺ー夢見る世紀末」、
いい意味で期待を裏切られた作品も多々ありました。
そのひとつがこちら。
オディロン・ルドン「ポール・ゴビヤールの肖像」です。


ルドン「ポール・ゴビヤールの肖像」
Portrait de Paule Gobillard(1900)
Odilon Redon




ルドンって、こんな作品も描いてたんですね。
幻想的で夢の中にさまよいこんだような色使いも、
現世との境界線がなくなってしまったような独特の世界感もなく、
ここに描かれているのは静けさに包まれた女性の姿。
モデルはベルト・モリゾの姪だそうです。
じっと前を見据えるその眼差しには、
どことなく愁いが感じられます。


この絵を見た時、ホイッスラーの作品に雰囲気が似てると思いました。
絵のタッチとかじゃなくて、たたずまいがね。
クノップフの作品にもこんな感じのがあったような。

ホイッスラー「灰色と黒のアレンジメント」
ホイッスラー「灰色と黒のアレンジメント」。こちらはお婆さん(画家の母親)だけれど。



さて、今日は東京では珍しいくらいの大雪でした。
22時をすぎて会社を出たときには
真っ白な世界が広がっていました。
寒いけど、なんかうれしかった。
雪と言えば、思い出すのはこちら。
中原中也の「生ひ立ちの歌」を。


  1

    幼年時
私の上に降る雪は
真綿のやうでありました

    少年時
私の上に降る雪は
霙のやうでありました

    十七ー十九
私の上に降る雪は
霰のやうに散りました

    二十ー二十二
私の上に降る雪は
雹であるかと思はれた

    二十三
私の上に降る雪は
ひどい吹雪とみえました

    二十四
私の上に降る雪は
いとしめやかになりました……


   2

私の上に降る雪は
花びらのやうに降つてきます
薪の燃える音もして
凍るみ空の黝む頃

私の上に降る雪は
いとなよびかになつかしく
手を差伸べて降りました

私の上に降る雪は
暑い額に落ちもくる
涙のやうでありました

私の上に降る雪に
いとねんごろに感謝して、神様に
長生きしたいと祈りました

私の上に降る雪は
いと貞潔でありました




中也の詩のなかでは、比較的有名な作品ですね。
でも、後半まで知ってる人はあんまりいないんじゃないでしょうか。
1930年、数え年で24歳のときに書かれた詩です。
とくに17歳から24歳に至るまでの中也の人生を思うと、
いろいろ感傷的になってしまうなぁ。



ぼくの上に降る雪は、どんな雪だろう。
たまにみぞれになることもあるけど、
ずいぶんしめやかになったと思います。



あなたの上には、どんな雪が降っているんだろうか。





今日も明日もがんばろう。
人気ブログランキングへ  Twitterボタン

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://suesue201.blog64.fc2.com/tb.php/450-d63b1012
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。