足立区綾瀬美術館 annex

東京近郊の美術館・展覧会を紹介してます。 絵画作品にときどき文学や音楽、映画などもからめて。

ゴヤ「着衣のマハ」

0   0


国立西洋美術館の「ゴヤ展」、ようやく行ってきました。
なかなか腰が上がらなかったのは、
昨年中はあわただしくて時間がつくれなかったのと、
「着衣のマハ」だけ見てもなぁ……という変なこだわりがあったから。
どうせなら、「裸のマハ」とセットで見たいですもんね。


ゴヤ「着衣のマハ」
Clothed Maja(1800-07)
Francisco de Goya




ゴヤの代表作、「着衣のマハ」。
さんざん迷ったけど見に行ってよかったです。
というか、もっと早くに行くべきだったー!
画集とかで見る限りでは
正直さほど魅力を感じなかったんですが、
実物の官能的な微笑みたるや。
婉然というより艶然な表情で、
思わずどきっとさせられてしまいました。
両腕の黄色がマハの微笑を際立たせていて、
自然と彼女の顔に見入ってしまうんですよね。
結果あの挑発的な目にやられてしまったので、
もはや着衣でも裸でも関係ないんじゃないかなーなんて思ったり。


とはいえ、一度は本場プラド美術館で、
2つ並べて鑑賞してみたいものです。
ひそかに今年スペイン旅行に行こうかなーなんて思ってたんですが、
お金と時間をどう工面するかってところで後回しになってます。
誰か連れてってくれるといいんだけど(笑)

裸のマハ
ゴヤ「裸のマハ」。きっと目を合わせられないだろうな。



国立西洋美術館の「プラド美術館所蔵 ゴヤ――光と影」は、
明日(1月29日)が最終日です。
ぼくが行った終了前日は、混み合っていたとはいえ
待ち時間もなく、展示後半はわりとスムーズに見てまわれました。
行こうかどうか迷ってる方はぜひ!




今日も明日もがんばろう。
人気ブログランキングへ  Twitterボタン


西洋絵画の巨匠 ゴヤ西洋絵画の巨匠 ゴヤ
(2006/10)
大高 保二郎

商品詳細を見る

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://suesue201.blog64.fc2.com/tb.php/452-00bc695c
該当の記事は見つかりませんでした。