足立区綾瀬美術館 annex

東京近郊の美術館・展覧会を紹介してます。 絵画作品にときどき文学や音楽、映画などもからめて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴヤ「無原罪のお宿り」

0   0


グロテスクで思わず目を背けたくなるような作品が並ぶゴヤ展で、
この作品は一際異彩を放っていました。
張りつめていた気持ちがゆるゆるほどけていくような。
ゴヤ「無原罪のお宿り」。
信仰心のない自分でも、こうべを垂れる気持ちになる一枚でした。


ゴヤ「無原罪のお宿り」
Immaculate Conception(1783-84)
Francisco de Goya




左側の天使が手にしているのは、純潔をあらわす白百合。
そのすぐ近くには、原罪を意味する林檎をくわえた蛇の姿も。
天上では大いなる神が両腕を広げて、
聖母の祈りを受け止めようとしているかのようです。
あらゆる惨状を目にして描き続けたゴヤが
この絵を描いたというところに、
救いがあるような気がしてなりませんでした。
見ているこっちも救われたもの。
本作はムリーリョの作品に……なんて解説はやめときましょう。
なんだかそれは、無粋な気がするので。




今日も明日もがんばろう。
人気ブログランキングへ  Twitterボタン


西洋絵画の巨匠 ゴヤ西洋絵画の巨匠 ゴヤ
(2006/10)
大高 保二郎

商品詳細を見る


関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://suesue201.blog64.fc2.com/tb.php/453-5f72b02f
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。