足立区綾瀬美術館 annex

東京近郊の美術館・展覧会を紹介してます。 絵画作品にときどき文学や音楽、映画などもからめて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岩橋永遠「暎」

2   0


沈み行く太陽。
影を深くする山並み。
そして金色に染まる水田。
山種美術館の「ザ・ベスト・オブ・山種コレクション」で、
一番こころを打たれたのが
岩橋英遠の「暎」でした。


岩橋英遠「暎」
Splendor of the Setting Sun(1977)
Iwahashi Eien




自然とは、かくも美しいものなのかと。
田んぼになみなみとはられた水は、
落日の光をたたえて今にもあふれかえりそうです。
その上をすべるように舞う一羽の鳥。
これから夜のとばりがひそやかにおりていくのだろうけど、
深い闇を見下ろすように、
きっとたくさんの星がかなたでささやきあうのでしょう。
月はひとり静かに、薄墨をまとって地平を見下ろすのでしょう。
そんな自然の営みを、あれこれ想像させてくれる一枚でした。




今日も明日もがんばろう。
人気ブログランキングへ  Twitterボタン

関連記事

-2 Comments

佐倉勇介 says..."はじめまして"
ユベール・ロベールについてWeb検索していたらこのブログに辿り着きました。何より足立区の綾瀬に住む僕ですから、あれ、美術館あったかな、と疑問に思い、なるほどと思った次第です。

僕はプロの小説家を目指していまして、芸術ならすべての分野に関心を持ち、自らも文章の芸術に取り組みながらも、絵画や音楽に憧れや一種の懐かしみを向けて、暮らしています。

そこでこのブログの記事を幾つか拝見させていただき、とても文章が、表現の叙述・描写が気に入って、コメントをさせていただきました。

絵画の知識はほとんどありませんが、国立西洋美術館には時々行きます。ユベール・ロベールの絵画を画像を通じて観たのですが、廃墟の水の絵がとても気に入り、3月6日からの展示を拝観しようと思っています。

身勝手にコメントを書かせていただき、申し訳ございません。これからもたまに拝見させていただこうと思います。
2012.02.01 05:59 | URL | #- [edit]
スエスエ201 says..."Re: はじめまして"
> 佐倉勇介さん

こんばんわ。綾瀬にお住まいなんですね!
ぼくも先月まで綾瀬に住んでいたんですが、
今年頭に荒川区に引っ越しました。
綾瀬には6年間暮らしていたので、何かと思い入れの強い土地です。

ぼくも文章に関する仕事をしており、
その延長で絵画など芸術分野に興味を持つようになりました。
いろんな世界を知ることで、少しでも文章がうまくなれば、といったところです。
まだまだ勉強が足りないと反省することばかりですが……(笑)

そんなわけで、ほめていただいて
何だかこそばゆい気持ちです。
今後ともよろしくお願いします。
2012.02.02 02:11 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://suesue201.blog64.fc2.com/tb.php/454-7b9fd1f5
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。