足立区綾瀬美術館 annex

東京近郊の美術館・展覧会を紹介してます。 絵画作品にときどき文学や音楽、映画などもからめて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カイユボット「屋根の眺め(雪の効果)」

0   0


雪が降りましたね。
いくつになっても、
白い雪がちらちら舞っているのを見ると
わけもなくうれしくなってしまいます。
やっぱり前世は犬だったんじゃなかろうか。


カイユボット「屋根の眺め(雪の効果)」
View of Roofs(Snow Effect)(1878)
Gustave Caillebotte




こちらはギュスターヴ・カイユボットの「屋根の眺め(雪の効果)」。
白銀におおわれたフランスの町を、
カイユボットは高い位置から見下ろして描いています。
屋根の上の雪、煙突からたちのぼる煙、とけていく空。
誰もいない町は、しんしんと沈んでいきます。
東京に住んでるとわからないけど、
雪深い土地の人にとっては
はじまりの白ではなくて、侵食する白なんだろうなぁ。


ところで雪にはいろんな異称があるんですが
そのうちのひとつに「不香の花(ふきょうのはな)」というものがあります。
雪を花にたとえて、香りがないと表現しているんですね。
個人的には雪に香りがないんじゃなくて、
雪が降り積もった世界に香りがないのだと思います。
凍てついた空気は視覚と触覚に強く訴えかけるかわりに、
聴覚と嗅覚をマヒさせてしまう気がする。
だから白銀の世界は美しく、そして厳しいんじゃないかなぁ、と。




今日も明日もがんばろう。
人気ブログランキングへ  Twitterボタン


Gustave Caillebotte: Neue Perspektiven Des ImpressionismusGustave Caillebotte: Neue Perspektiven Des Impressionismus
(2009/12/31)
Karin Sagner

商品詳細を見る


関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://suesue201.blog64.fc2.com/tb.php/465-f722e57b
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。