足立区綾瀬美術館 annex

東京近郊の美術館・展覧会を紹介してます。 絵画作品にときどき文学や音楽、映画などもからめて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピサロ「中国製の花瓶に入った菊」

0   0


カミーユ・ピサロ「中国製の花瓶に入った菊」。
印象派のなかでも年長で温厚だったピサロが描いた花は、
どことなく控えめで、けれど揺るぎない強さを感じます。
花の美しさっていうのは、本来こういうものなんだろうな。


ピサロ「中国製の花瓶に入った菊」
Chrysanthemums in a Chinese Vase(1873)
Camille Pissarro




昨晩、キッチンに飾っていた
ストックの花が枯れかけていたので
仕方なく処分しました。
ぼくみたいに気の小さい人間は、
花なんて飾るもんじゃないですね。
捨てるとき、無性に悲しくなって
口をついたのは「ごめんなさい」でした。


フリージアの花も、順につぼみが開いていくのがうれしかったけど
言い換えればそれは、順にしおれていくということで。
近いうちに、これも捨てなきゃいけない。
枯れたままで放っておくのもいたたまれないし。
こんな小さなことでくよくよ悩む、ちっぽけな人間です(笑)




今日も明日もがんばろう。
人気ブログランキングへ  Twitterボタン

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://suesue201.blog64.fc2.com/tb.php/468-cda5dc99
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。