足立区綾瀬美術館 annex

東京近郊の美術館・展覧会を紹介してます。 絵画作品にときどき文学や音楽、映画などもからめて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

川合玉堂「朝もや」

1   0


春分を過ぎたというのに
今日はなんだか肌寒い一日でした。
もうじき4月だというのに。


川合玉堂「朝もや」
Morning Mist(1938)
Kawai Gyokudo




こちらは川合玉堂の「朝もや」。
見事な枝ぶりの松の木が朝もやのなかに消えていき、
その向こうにはゆるやかな稜線が広がります。
朝早くから荷車を引く牛と人がいて、
歩みのさきに咲いているのは白梅でしょうか。
残雪にぬれた街道を踏みしめる音が聞こえてきそうです。
思い出したように訪れた冷気が土や水を凍らせ、
そのまま春の営みを止めてしまったかのよう。


春先に寒さが戻り、
一度は溶けた水辺に再びうすい氷が張ることがあり、
これを「うすらひ」といいます。
昨日からこの言葉が頭を離れなくて、
なんとなくこの絵を選びました。
「薄氷」と書いて、「うすらひ」。
なんてきれいな日本語だろうか。
「薄氷」と書くと「薄氷を踏む」のように危うさや冷たさが際立ちますが、
「うすらひ」は儚さのなかにも柔らかさがあって、
いずれは壊れてしまう一瞬の美しさが込められているような気がします。
「うつろひ(移ろい)」にも似て、
変わりゆくもののふとした表情をとらえたみたいで。


ごくたまに、こんなふうに一つの言葉が頭から離れなくなったり
そこからいろんな思いが広がって無性に感動してしまったり
日本語ってすてきだなと、そのたびに思う次第です。



今日も明日もがんばろう。
人気ブログランキングへ  Twitterボタン


画集 川合玉堂の世界画集 川合玉堂の世界
(1998/03)
玉堂美術館

商品詳細を見る

関連記事

-1 Comments

村石太B says..."絵画同好会(名前検討中 川合玉堂"
川合ぎょくどう さん 素敵ですね松に朝靄のバック背景 情緒ですね。
今 川合玉堂 で 画像検索しています。和ですね。
私は 確か どの作品か タイトル 思い出せないけれど 美術館で 3作品ぐらい もっと 観たかなぁ?観た記憶です。このプログ作品 最高な名画の紹介ですね。
2013.02.01 21:06 | URL | #oq63NDcg [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://suesue201.blog64.fc2.com/tb.php/489-d1d52a68
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。