足立区綾瀬美術館 annex

東京近郊の美術館・展覧会を紹介してます。 絵画作品にときどき文学や音楽、映画などもからめて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴヤ「バルコニーのマハたち」

0   0


思わずフラフラと吸い寄せられてしまいそうな、
蟲惑的な笑みを浮かべる2人の女性。
エドゥワール・マネはスペイン旅行中にこの絵を見て、
「バルコニー」を制作したといいます。


バルコニーのマハたち
Les Majas au Balcon(1810)
Francisco de Goya




作者はスペインの宮廷画家、フランシスコ・デ・ゴヤ。
19世紀初頭に発表された本作「バルコニーのマハたち」で描かれるのは、
2人の娼婦とその斡旋人。
通りを行き交う男性を値踏みして、
女性同士でひそひそ会話を交わしているような、そんな一幕です。
強烈な明暗によって、物語の主役である娼婦と
彼女らの背後の闇、斡旋人の姿が対比されています。
娼婦の姿が美しく魅力的であるほど、
闇は色濃く、深みを増して行きます。


本作には対となる作品、
「バルコニーのマハとセレスティーナ」があり、
こちらでは斡旋人の存在感がより強調されています。
この不敵な面構えといったら・・・!

バルコニーのマハとセレスティーナ



ゴヤは世の中のあらゆる闇を描き出した画家。
そこにマネが影響を受けたのもうなずける気がします。
また、印象派の画家たちのなかでも
マネは「黒」を使いこなした画家として知られています。
「黒」もまた、ゴヤの作品を語るうえで欠かせない要素なんですよね。


マネがスペインを初めて訪れたのは、1865年。
それ以前から彼はゴヤやベラスケスなどスペイン絵画に惹かれており、
実際にゴヤの作品を見て、自身の進むべき道を確かめたのかもしれません。



ぽちっとお願いします!
人気ブログランキングへ  Twitterボタン




ゴヤ (ニューベーシック) (ニューベーシック・アート・シリーズ)ゴヤ (ニューベーシック) (ニューベーシック・アート・シリーズ)
(2004/07/31)
ローズ=マリー&ライナー・ハーゲン

商品詳細を見る



関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://suesue201.blog64.fc2.com/tb.php/49-2863d691
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。