足立区綾瀬美術館 annex

東京近郊の美術館・展覧会を紹介してます。 絵画作品にときどき文学や音楽、映画などもからめて。

難波田史男「一人」

0   2


結局もう1回行ってしまいました。
東京オペラシティ・アートギャラリーの「難波田史男の15年」。
今回は時間をかけて、一点一点じっくり見てまわりました。


難波田史男「一人」
Alone(1973)
Nambata Fumio




こちらは難波田史男「一人」。
紹介しといて何ですが、
実物でないと水彩の儚いにじみも
線描の震えも、いまいち伝わらないですね。
繊細で、たどたどしくて、
もがきながら時折そこに自由を信じていたような。
線はかすれて点になり、やがて消えて行く。
画家は「不条理な線」「線の旅」と言っているけど、
じっと見ていると胸が苦しくなってくる。
自分の心の弱い部分を揺り動かされているようで。


難波田史男「少女と秋」
「少女と秋」。なんだか無性に切なくなる。



絵画のなかには時々“触れてみたくなる”作品があって、
たとえばジョルジュ・ルオーの震えるような厚塗りの絵肌は、
実際に触れてみたらいろんなことに気づかされるような気がします。
難波田史男の作品も同様で、
あの線描に触れて、指先でたどってみたい気持ちになります。
けれど“触れてみたい”と思う作品は往々にして、
孤独で壊れやすくて、手を触れた瞬間に消えてなくなってしまいそうで。
距離を置いて見ているよりほかにない。


難波田史男「湖上」
「湖上」。海で死ぬことに憧れた画家は、32歳の若さでフェリーから転落死した。



そうそう、前回は見落としていたんですが、
難波田史男はパウル・クレーや中原中也が好きだったそうです。
なるほどなぁと、最後ににんまりしてしまいました。
自分と比較するのは非常におこがましいことだけど、
好きなものが共通していたら、それはすごく嬉しいことです。


今回は時間があったので収蔵品展も見てきました。
難波田史男の父親であり、日本の抽象画の開拓者である
難波田龍起の作品も展示されていました。
同じ抽象でも、親子でこうも違うものかと。
2人の作品を見比べてみるのもいいと思います。
会期は明日、25日まで。
もっと早くに見に行っておくべきだったなぁ。



今日も明日もがんばろう。
人気ブログランキングへ  Twitterボタン


終着駅は宇宙ステーション終着駅は宇宙ステーション
(2008/04)
難波田 史男

商品詳細を見る

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://suesue201.blog64.fc2.com/tb.php/490-1f233db6
まとめteみた.【難波田史男「一人」】
結局もう1回行ってしまいました。東京オペラシティ・アートギャラリーの「難波田史男の15年」。今回は時間をかけて、一点一点じっくり見てまわりました。Alone(1973)Nambata Fumioこちらは難波田史男「一人」。紹介しといて何ですが、実物でないと水彩の儚いにじみも線?...
まとめteみた.【難波田史男「一人」】
結局もう1回行ってしまいました。東京オペラシティ・アートギャラリーの「難波田史男の15年」。今回は時間をかけて、一点一点じっくり見てまわりました。Alone(1973)Nambata Fumioこちらは難波田史男「一人」。紹介しといて何ですが、実物でないと水彩の儚いにじみも線?...
該当の記事は見つかりませんでした。