足立区綾瀬美術館 annex

東京近郊の美術館・展覧会を紹介してます。 絵画作品にときどき文学や音楽、映画などもからめて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竹内栖鳳「ベニスの月」

1   0


霧につつまれた水の都。
なんて幻想的ではかない風景なんでしょう。
ターナーの水彩画をセピア色にしたような、孤高の美しさです。
竹内栖鳳「ベニスの月」。
やっぱりこの人は、日本画壇でも特異な存在だったんだろうなぁ。


竹内栖鳳「ベニスの月」
The Moon in Venice
Takeuchi Seiho(1904)




霧に包まれているからこそ、確かな手応えがないからこそ、
信じられることもあると思うんだけれど。
それは信じるよりほかに方法がないっていうだけなんだろうか。
いずれにせよ、自分のすべてをかけてでも
手を伸ばして求めるものがあるのは
きっと幸せなことなのだと思います。
だから
悲しいときも寂しいときもあるけど
基本的にぼくは幸せなんです。


さて、明日はうれしい大阪出張。
打ち合わせは午後からなんで、
早めに行って国立国際美術館に行ってこようと思います。
草間さんの作品よりも、美術館そのものを見たくて。
いっそ泊まって次の日の朝に帰ろうかとか、
いろいろ思いあぐねております(笑)




今日も明日もがんばろう。
人気ブログランキングへ  Twitterボタン


関連記事

-1 Comments

就職活動 says...""
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
2012.11.09 01:46 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://suesue201.blog64.fc2.com/tb.php/493-44c646b7
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。