足立区綾瀬美術館 annex

東京近郊の美術館・展覧会を紹介してます。 絵画作品にときどき文学や音楽、映画などもからめて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レオナルド・ダ・ヴィンチ「ほつれ髪の女」

0   0


伏し目がちに、うつむきがちに、
彼女は何を思っているんだろう。


ダ・ヴィンチ「ほつれ髪の女」
 Head of a woman with tousled hair(1506-08)
 Leonardo da Vinci



レオナルド・ダ・ヴィンチ「ほつれ髪の女」。
先日、Bunkamura ザ・ミュージアムの
「レオナルド・ダ・ヴィンチ 美の理想」で見てきました。
代表作「モナ・リザ」と同時期に制作されたという小品で、
写実的に描かれた優しげな表情に対し、
髪の毛は驚くほど無造作に、簡略化されています。
それがかえって……
絵に魂が宿った瞬間のような、
今にも生身の女性が浮かび上がってきそうな、
そんな錯覚にとらわれます。


それにしてもこの表情、ぼくは「岩窟の聖母」に似てるなぁと思いました。
ルーブル美術館、ロンドン・ナショナル・ギャラリー所蔵の作品が有名ですが
もうひとつの、個人蔵の「岩窟の聖母」が同じ会場内に展示されていまして。
「ほつれ髪の女」と見比べてみましたが、
どちらも慈愛に満ちた表情で、安らぎに満ちていて。
「ほつれ髪の女」も、やっぱり愛する我が子を見つめているんでしょうか。
それとも、思いを寄せる人のことを思っているんでしょうか。
なんだか、胸が苦しくなりました。

ダ・ヴィンチ「岩窟の聖母」
 「岩窟の聖母」。幼子イエスを見つめる、優しい表情。
 といっても、左側の幼子はヨハネという説もあるけど……。





今日も明日もがんばろう。
人気ブログランキングへ  Twitterボタン


関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://suesue201.blog64.fc2.com/tb.php/503-e87c0e06
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。