足立区綾瀬美術館 annex

東京近郊の美術館・展覧会を紹介してます。 絵画作品にときどき文学や音楽、映画などもからめて。

スタンラン「黒猫」(ポスター)

0   0


かつてモンマルトルにあった文学キャバレー、
「シャ・ノワール(黒猫)」。
ゾラやヴェルヌをはじめ、文学者、音楽家、画家など
さまざまな文化人が集まった場所で、
ここのポスターを描いたのが
テオフィル・アレキサンドル・スタンランです。


スタンラン「黒猫」
 Soon, the Black Cat Tour by Rodolphe Salis(1896)
 Théophile Alexandre Steinlen




ロートレックと同時期にポスターや新聞、雑誌で活躍し、
モンマルトルに暮らす庶民のありのままの姿を描いたことから
スタンランは「街のミレー」と呼ばれたのだとか。
そして別の呼び名が「猫の画家」。
「黒猫」のポスターをはじめ実に多くの猫作品を描き、
自身もたくさんの猫を飼っていたのだそうです。
あぁ、黒猫! ジジ! かわいいですよねぇ。。
凛々しくて、いたずらっぽくて。



谷中の黒猫



そんなわけで、先日撮影した黒猫画像。
藝大美術館の帰りに谷根千ぶらり散歩を楽しんでいたときに
谷中のお寺入り口で出会いまして。
前に住んでいたところではよく夜中に黒猫が出没して、
仕事帰りの疲れたときに遊んでもらったことを思い出しました。
ほかにも黒猫には思い出があって(ほんとにささやかな思い出だけど)、
また大切な人のことを考えて、なんとなしにため息が出ました。
それは悲しさではなくて安らぎだったりするのだけれど。


山の子の
山を思ふがごとくにも
かなしき時は君を思へり
(石川啄木)



うまくいかないことが色々あって、
そのたびにあなたを思う自分がいます。
さびしいけれど、
それだけで元気がわいてくるんだ。




今日も明日もがんばろう。
人気ブログランキングへ  Twitterボタン


関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://suesue201.blog64.fc2.com/tb.php/533-180632b6
該当の記事は見つかりませんでした。