fc2ブログ

足立区綾瀬美術館 annex

東京近郊の美術館・展覧会を紹介してます。 絵画作品にときどき文学や音楽、映画などもからめて。

千住博「ウォーターフォール」

0   1


雪崩落ちるような激しい水流。
滝壺からは水煙があがり、暗闇に白が広がっていきます。
千住博「ウォーターフォール」。
現代日本で滝といえば、やっぱりこの人かなぁと。
通常の日本画とはまったく異なる描き方をしており、
紙を立てかけて、胡粉を溶いた水を上から流すことで
水流を表現しているのだとか。


千住博「ウォーターフォール」
 Waterfall
 Senju Hiroshi




先日、茨城の大子町というところまで滝の撮影に行ってきました。
袋田駅から10分ほどバスに揺られ、
川沿いの細道を登り、吊り橋を渡り、
ようやくたどり着いた観瀑台の正面には……
幅73mの堂々たる姿!
これが日本三名瀑のひとつ、袋田の滝です。
流れ落ちる白水との距離が近いためか、
観瀑台の高さが絶妙なためか、
水煙が上からではなく、下から吹き上げてくるのです。
足下から立ち上がるマイナスイオン、もう涼しいったらありゃしない。
背中の汗がすうっと引いて、しばし息をのんで立ち尽くしました。


茨城・袋田の滝1
 吊り橋を渡った先、斜め前から見た袋田の滝。



この袋田の滝、西行法師が絶賛して歌に詠んだことでも知られており、
本年初頭には10年ぶりに全面凍結して、
アイスクライミングに挑む人もいたそうです。
ほかにもたくさん書くべきことがあるんですが
仕事用にネタを取っておかないといけないので(笑)
近くのお店でもとても親切にしていただいて大満足でした。
ということで、次回は別の滝を紹介したいと思います♪


茨城・袋田の滝2
 袋田の滝・正面から。まさに怒濤!




今日も明日もがんばろう。
人気ブログランキングへ  Twitterボタン


関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://suesue201.blog64.fc2.com/tb.php/540-bdee4038
まとめtyaiました【千住博「ウォーターフォール」】
雪崩落ちるような激しい水流。滝壺からは水煙があがり、暗闇に白が広がっていきます。千住博「ウォーターフォール」。現代日本で滝といえば、やっぱりこの人かなぁと。通常の日本画とはまったく異なる描き方をしており、紙を立てかけて、胡粉を溶いた水を上から流すことで...
該当の記事は見つかりませんでした。