足立区綾瀬美術館 annex

東京近郊の美術館・展覧会を紹介してます。 絵画作品にときどき文学や音楽、映画などもからめて。

「地上最大の手塚治虫」展を見てきました♪

0   1


今日は京王線・芦花公園駅からてくてく歩いて世田谷文学館へ。
「地上最大の手塚治虫」展を見てきました。
鉄腕アトムの名エピソード「地上最大のロボット」にちなんだタイトルですね。
これは期待が高まる高まる♪


地上最大の手塚治虫展



いつぞやの江戸東京博物館での企画に比べると規模はやや小さいながら、
手塚治虫の戦争体験や未完作品、スター・システムなどに焦点を当てた
マニア大喜びの良企画でした。
特に人気キャラクターが作品の枠をこえて活躍する「スター・システム」は、
「あのキャラがこんなところで!」という発見もあって
これを知っておくと手塚作品の深みがぐっと増すわけです。
ときに主役級のキャラが脇役を演じ、その逆もありで。
これぞ手塚治虫作品の醍醐味なんですよねぇ。
その集大成が名作「ブラック・ジャック」でして、
「リボンの騎士」の主人公サファイアが役柄を変えて登場する
名ストーリー「二つの愛」に関しては、
一話まるごと原画で読めるというサプライズも!
もう興奮しきりで、一言一句見逃すまいと隅から隅まで楽しんでまいりました。


前にも書いたかもしれませんが、
ぼくは手塚治虫の大ファンなのです。
小さい頃にご近所さんのおうちで「火の鳥」と出会って、
中学・高校時代には夢中で文庫本を買いあさって。
ちなみに姉もコアな手塚ファンで、
実家には連載当時の雑誌がたくさんあったりします(笑)
そんな思い出にひたりながら館内を見てまわったんですが、
最後のコーナーには手塚治虫の単行本を心ゆくまで読めるという
ありがたすぎるサービスも!
大人も子どもも(自分も)、夢中になって読みふけってましたよ。


観覧後はグッズ売り場でいくつか本とグッズを買って
ほくほくしながら家路についたんですが……


あれ?


不思議なことに買ったはずのグッズが見当たらないのです(T_T)
どこかに忘れてきちゃったみたい。。。
もうやだ。





今日も明日もがんばろう。
人気ブログランキングへ  Twitterボタン



Black Jack 300 stars’ encyclopedia (秋田文庫)Black Jack 300 stars’ encyclopedia (秋田文庫)
(2001/01)
手塚プロダクション、山本 敦司 他

商品詳細を見る


関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://suesue201.blog64.fc2.com/tb.php/542-91decd7e
まとめtyaiました【「地上最大の手塚治虫」展を見てきました♪】
今日は京王線・芦花公園駅からてくてく歩いて世田谷文学館へ。「地上最大の手塚治虫」展を見てきました。鉄腕アトムの名エピソード「地上最大のロボット」にちなんだタイトルですね。これは期待が高まる高まる♪いつぞやの江戸東京博物館での企画に比べると規模はやや小さ...
該当の記事は見つかりませんでした。