足立区綾瀬美術館 annex

東京近郊の美術館・展覧会を紹介してます。 絵画作品にときどき文学や音楽、映画などもからめて。

バーン=ジョーンズ「王宮の中庭・習作――連作『いばら姫』」

0   1


昨日行ってきた三菱一号館美術館のバーン=ジョーンズ展、
展示作品は80点くらいで、習作もわりと多めでした。
でもね、「なんだ習作かよ」と侮るなかれ。
緻密に描かれた完成作品よりも
むしろ画家の息づかいが聞こえてくるようで、
ていうか今回の展覧会は習作のほうがよかったような気も……。


バーン=ジョーンズ「王宮の中庭・習作――連作『いばら姫』」
 The Briar Rose Series: Study for the Garden Court(1889)
 Edward Burne-Jones




こちらはバーン=ジョーンズ「王宮の中庭・習作――連作『いばら姫』」。
「王宮の中庭」では横長のカンヴァスに
眠りにつく6人の女性がまとめて描かれていますが、
こちらの習作では一人ひとり切り分けて、個別の作品として描かれています。
完成作品が油彩であるのに対し、習作はグワッシュとチョーク。
画家のみずみずしいイメージがそのまま表現されており、
背景には装飾的な紋様も描かれています。


こんな作品が計6点、小さな部屋に飾られていて
……もう、メロメロでした(笑)
次の部屋が前にもご紹介した代表作「眠り姫」だったんだけど、
個人的にはこちらの習作のほうがよかったな。
それでは最後にもう2点だけ、同題の習作を。


バーン=ジョーンズ「王宮の中庭・習作――連作『いばら姫』」2


バーン=ジョーンズ「王宮の中庭・習作――連作『いばら姫』」3



おっといけない、肝心の「王宮の中庭」も。
6人そろうとこんな感じになります。


バーン=ジョーンズ「王宮の中庭」




今日も明日もがんばろう。
人気ブログランキングへ  Twitterボタン




関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://suesue201.blog64.fc2.com/tb.php/563-ce6d1f9f
まとめtyaiました【バーン=ジョーンズ「王宮の中庭・習作――連作『いばら姫』」】
昨日行ってきた三菱一号館美術館のバーン=ジョーンズ展、展示作品は80点くらいで、習作もわりと多めでした。でもね、「なんだ習作かよ」と侮るなかれ。緻密に描かれた完成作品よりもむしろ画家の息づかいが聞こえてくるようで、ていうか今回の展覧会は習作のほうがよかっ...
該当の記事は見つかりませんでした。