足立区綾瀬美術館 annex

東京近郊の美術館・展覧会を紹介してます。 絵画作品にときどき文学や音楽、映画などもからめて。

ピカソ「貞奴」

0   0


作品名は「貞奴」。
描いたのは……なんとパブロ・ピカソ。
う~む、こんな作品も残してたんですねぇ。


ピカソ「貞奴」
 Sada Yacco(1901)
 Pablo Picasso




1900年のパリ万国博覧会。
日本からこの祭典を訪れたのが、川上音二郎・貞奴の一座でした。
貞奴は伊藤博文や西園寺公望にも贔屓にされるほどの芸妓だったそうで、
万博会場の一角で日本舞踊の公演を行った際には
かの彫刻家ロダンをも魅了するほどだったとか。
やがて大統領官邸にも招かれ、
「マダム貞奴」としてパリ社交界にデビューした貞奴を描いたのが
若かりしころのピカソだったというわけで……。


描かれているのは和服姿の貞奴で
印象派の面々が影響を受けたジャポニズムの流れを汲んでいるようですが、
どこか退廃的な、象徴主義のような空気も漂っていて。
もしこっちの道にピカソが突き進んだら、
どうなっていたんだろうなぁなんて思っちゃいました。




今日も明日もがんばろう。
人気ブログランキングへ  Twitterボタン




関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://suesue201.blog64.fc2.com/tb.php/565-e8992015
該当の記事は見つかりませんでした。