足立区綾瀬美術館 annex

東京近郊の美術館・展覧会を紹介してます。 絵画作品にときどき文学や音楽、映画などもからめて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブリューゲル「傲慢」(ブリューゲル版画の世界 その3)

0   0


ピーテル・ブリューゲルの「7つの罪源」シリーズ。
2番目に紹介するのは「傲慢」です。


傲慢
Pride(1558)
Pieter Bruegel the Elder




下部の銘文は、
傲慢な者は神々を愛することがなく、神々によって愛されることもない」
傲慢は神が何にもまして憎むもの、同様に神もまた傲慢から無視される」。
もともと「傲慢」は、7つの罪源の中でも最も罪深いとされていたとか。
敬虔な宗教徒にとっては、神を恐れぬ態度こそ罪悪だったのです。


下部中央には、鏡に映る自分の姿を見つめる女性。
画中で着飾っているのはこの女性だけで、
その横には、「傲慢」を象徴する動物として孔雀が配置されます。
後景では建物内で焚刑が執行され、
釜茹で(?)に処される人間の姿も。
異形の怪物たちがあちこちで悪さをし、
しかし周りの異常な光景には目もくれず、
ただ一心に鏡をのぞく女性の姿こそ「傲慢」そのものなのでしょう。


ところで女性が手にしている鏡ですが、
そこに映った顔が妙に簡略化されているのが気になります。
まわりの怪物と変わらないんじゃないか・・・。
どんなに美しく着飾っていても、
鏡だけは真実を捉えているのかもしれません。


ブリューゲル版画の世界」は8月29日までの開催。
公式ホームページはこちらです。



ぽちっとお願いします!
人気ブログランキングへ  Twitterボタン




ブリューゲル (ニューベーシック) (ニューベーシック・アート・シリーズ)ブリューゲル (ニューベーシック) (ニューベーシック・アート・シリーズ)
(2002/12/19)
ローズ=マリー・ハーゲン/ライナー・ハーゲン

商品詳細を見る


関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://suesue201.blog64.fc2.com/tb.php/58-e9015a6f
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。