足立区綾瀬美術館 annex

東京近郊の美術館・展覧会を紹介してます。 絵画作品にときどき文学や音楽、映画などもからめて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロバート・ヒューズ「真夏の夜」

0   0


灯りを手にした小さな妖精たちは、
まるで蛍のように夜の森を照らし出します。
ロバート・ヒューズ「真夏の夜」。
美しく儚い、まぼろしのひととき。


ロバート・ヒューズ「真夏の夜」
 Midsummer Eve(1908)
 Edward Robert Hughes




そういえば、蛍の季節もとうに過ぎてしまったんだなぁ。
最後に蛍を見たのは、小学校の低学年くらいのときだったろうか。
昼間とは違った顔をした夕べの川で、
ゆるやかに流れるように、蛍の光がまたたいていたのを覚えています。
熱を帯びたガラスの欠片が、夜の闇に浮かび上がってきたようで
きれいだけど、少しだけ怖かった。


今日は夜になってもずいぶん暑くて、
なんだか寝苦しくなりそうです。
いろいろなことを考えながら、
それは楽しい思い出であったり
さびしい記憶であったりするのだけれど……
いっそ夜更かしして、「螢川」でも読もうかな。
もうじゅうぶん夜更かしだけど。




今日も明日もがんばろう。
人気ブログランキングへ  Twitterボタン


関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://suesue201.blog64.fc2.com/tb.php/600-fe20e2e7
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。