足立区綾瀬美術館 annex

東京近郊の美術館・展覧会を紹介してます。 絵画作品にときどき文学や音楽、映画などもからめて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャルダン「銀のゴブレットとりんご」(シャルダン展より)

0   0


ほんとうに静かな絵。
何も語らず、ただそこにある。
とかく気ぜわしい世の中だから、
時にはこんな静寂に浸るのもいいと思います。


シャルダン「銀のゴブレットとりんご」
 Silver Goblet(c.1768)
 Jean Siméon Chardin




こちらはジャン=シメオン・シャルダン「銀のゴブレットとりんご」。
静物画の名手、シャルダンの代表作です。
三菱一号館美術館のシャルダン展では
こうした静物画がずらっと並んでいるんですが、
なかでも印象的だったのが銀や銅の食器の表現でした。
たとえば画面左の銀のゴブレットは、
手前のりんごを映して静かに光をたたえています。
すべらかな手触りまで感じられますね。
一方右側の銅の器は、何物も反射せず
ひっそりと後方にたたずんでいます。
どちらも控えめながら、物質特有の前後感というか序列のようなものがあって
じっと見つめていると、静かな静かな物語が紡がれていくようです。

シャルダン「肉のない食事」シャルダン「肉のある食事」
 対作品「肉のない食事」と「肉のある食事」。それぞれの食器にも注目。



ところでシャルダンですが、
日本人にとっては芳香剤のイメージのほうが強いかもしれませんね。
実は40年ほど前に、画家シャルダンの名前にちなんでエステーが発売したのだそうです。
エステーというと消臭力をはじめとする変なCMのイメージが強いけど……
なんか見直してしまいました(笑)





今日も明日もがんばろう。
人気ブログランキングへ  Twitterボタン


シャルダン (アート・ライブラリー)シャルダン (アート・ライブラリー)
(2002/02)
ガブリエル ノートン

商品詳細を見る

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://suesue201.blog64.fc2.com/tb.php/616-569ffc88
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。