足立区綾瀬美術館 annex

東京近郊の美術館・展覧会を紹介してます。 絵画作品にときどき文学や音楽、映画などもからめて。

葛飾北斎「唐獅子図」

0   0


前回が葛飾応為だったので、今回は父親の葛飾北斎を。
色とりどりの牡丹のなかで踊る唐獅子を描いた「唐獅子図」。
実はこれ、親子の共作なのだそうです。
中央の唐獅子は北斎が描いて、
周囲の牡丹は娘の応為が描いたのだとか。


葛飾北斎「唐獅子図」



前回ご紹介した杉浦日向子の漫画「百日紅」には、
北斎のエピソードもたくさん出てきます。
これがどれも奇天烈奇想天外なんですね。
文化元年四月十三日、江戸音羽護国寺
百二十畳の紙に大達磨を描く。
つづいて本所合羽千場で同様の大紙面に馬を描く。
さらに両国回向院でも布袋の大画を描く。
その直後、米一粒に雀二羽をたちまち描く。といった感じで。
左手でも描けたし、逆さ絵もお手のものということで、
同時代に活躍した絵師、歌川豊国からは「曲芸師」呼ばわりされていた、
と「百日紅」に描かれてました。


百日紅3
 龍を描く北斎と、娘の応為(お栄)。



死体を見るのが好きで、部屋は汚いままでないとダメ。
女好きで癇癪もちで、実の娘に悪態をついてばかり。
けれどひとたび絵筆を握れば、妖魔の類いも黙らせてしまうと。
実際の北斎もそうとうな変人で「画狂人」を名乗っていたとかで、
う〜む、むくむくと興味がわいてきました。
これまでは何となーく好きっていうくらいだったんですけどね。
北斎の本、いろいろ読んでみようかな。




今日も明日もがんばろう。
人気ブログランキングへ  Twitterボタン


百日紅 (上) (ちくま文庫)百日紅 (上) (ちくま文庫)
(1996/12)
杉浦 日向子

商品詳細を見る


百日紅 (下) (ちくま文庫)百日紅 (下) (ちくま文庫)
(1996/12)
杉浦 日向子

商品詳細を見る


関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://suesue201.blog64.fc2.com/tb.php/627-a5bb51c9
該当の記事は見つかりませんでした。