足立区綾瀬美術館 annex

東京近郊の美術館・展覧会を紹介してます。 絵画作品にときどき文学や音楽、映画などもからめて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竹内栖鳳「象図」(竹内栖鳳展より)

0   0


金地の屏風に象の巨体。
どことなく哀しげな眼に感じられるのは、
野生ではなく飼われて芸をする身だからでしょうか。
竹内栖鳳「象図」。
山種美術館の回顧展より。


       竹内栖鳳「象図」右隻
竹内栖鳳「象図」左隻
 Elephants(1904)
 Takeuchi Seiho




金地に水墨の動物作品といえば
栖鳳の場合は獅子や虎が思い浮かびますが、
こんな作品も描いていたんですね。
これも1900年の渡欧経験の賜物なのでしょう。
日本画の系譜とは一線を画す動物描写。
と思いきや、左隻の象の背中には猿がちょこんと乗っていて、
大小の動物の対比は長沢蘆雪の「白象黒牛図屏風」を思わせます。
蘆雪の場合は象の背中にカラス、牛のおなかに仔犬を配し、
おおげさすぎるくらいな描き方をしているわけですが(笑)
西洋絵画の写実を学びながらも、
栖鳳は「象図」のなかに円山派の趣向を描き込んでいるんですね。

長沢蘆雪「白象黒牛図屏風」右隻
 参考:長沢蘆雪「白象黒牛図屏風」より。



象といえば、小学生のときに図工で象をモチーフにした作品をつくって、
県の賞をもらったのを思い出しました。
自慢できるようなレベルの話でもないんですが、
中学くらいまでは絵を描くのも得意だったんだよなぁと。
いろんな賞をもらったり、
水墨画を描いて見知らぬご老人からファンレターをいただいたことも(笑)
文章ではなくて、絵画の道に進んでたらどうなってたかな。
今でも時々、なにか描いてみたくなることはあるけれど。





今日も明日もがんばろう。
人気ブログランキングへ  Twitterボタン


関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://suesue201.blog64.fc2.com/tb.php/641-53485a1a
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。