足立区綾瀬美術館 annex

東京近郊の美術館・展覧会を紹介してます。 絵画作品にときどき文学や音楽、映画などもからめて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デルヴォー「夜の使者」(デルヴォー展より)

0   0


これもまた、いかにもデルヴォーな作品。
足を踏み入れたのは、互いに干渉することのない夢の世界です。
地面に置かれたランプを無表情の女性たちが囲み、
その向こうで音もなく汽車が走って行きます。
遠景にはたくさんの建物が見えるけれど、
生活感はまったくなく、どこか寒々しい気さえしてきます。


デルヴォー「夜の使者」
 Messenger at Night(1980)
 Paul Delvaux




府中市美術館の「ポール・デルヴォー展」で展示されていた作品で、
タイトルは「夜の使者」。
夜を告げる使者なのか、夜にあらわれた使者なのか、
そもそも使者は誰なのか。
正面に立つ帽子をかぶった女性か、
それともこの絵を覗き込む鑑賞者自身なのか……。
見れば見るほど深みにはまる、夢幻の世界です。
ちなみに左側に男性の姿も見えますが、
これはジュール・ヴェルヌの小説に登場する男性なのだとか。


それにしても……。
じっと見ているとなんだか怖くなってきます。
無関心の怖さといいますか。
たしかにそれぞれが存在しているはずなのに、
意識することもなくすれ違い続けるばかり。
他者の認識によって自己というものが存在するならば、
デルヴォーが描いたこの世界は
誰もいないに等しいわけです。
そしてそれは
夢の世界に限ったことではないんでしょうね。
たとえば電車に乗ってみれば、
ほとんどの人がスマートフォンの画面をのぞきこみ、
あるいはイヤフォンで外の音をシャットアウトしています。
デルヴォーが描いた世界と、あんまり変わらないような気がして。



今日も明日もがんばろう。
人気ブログランキングへ  Twitterボタン


ポール・デルヴォーの絵の中の物語ポール・デルヴォーの絵の中の物語
(2011/09)
ミシェル ビュトール

商品詳細を見る


関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://suesue201.blog64.fc2.com/tb.php/652-b29db631
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。