足立区綾瀬美術館 annex

東京近郊の美術館・展覧会を紹介してます。 絵画作品にときどき文学や音楽、映画などもからめて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮永愛子「untitled -butterfly-」(なかそら より)

0   0


それはまるで氷の結晶のように
触れたら消えてしまいそうで
その不確かな存在が心をぎゅっと締め付けるのでした。
美しく儚い、白の世界。
宮永愛子の個展「なかそら —空中空—」が
国立国際美術館で開かれています。


宮永愛子「untitled -butterfly-」
 untitled - butterfly -
 Miyanaga Aiko




宮永愛子「untitled -butterfly-」。
薄暗い部屋に正方形の硝子のパネルが並び、
そこには氷晶の蝶が閉じ込められていました。
ナフタレンで作られた半透明の翅は
時間とともに少しずつ形を失っていくのでしょう。
やがては白い灰となり、闇に溶けていくのでしょう。
滅びゆくものは冷たく冴え返り
見る者に何かを問いかけてくるようです。
mement mori という言葉が
ふと脳裏に浮かびました。
melancholia かもしれないな。
もっとゆっくり見たかった。


国立国際美術館で「エル・グレコ展」と同時開催の
宮永愛子の個展「なかそら ―空中空―」は、12月24日まで。
東京にも一緒に巡回してくれたらうれしいのにな。

宮永愛子なかそら
 作品は撮影可。この作品を撮った瞬間、電池がなくなった。



今日も明日もがんばろう。
人気ブログランキングへ  Twitterボタン


宮永愛子作品集 空中空(なかそら)宮永愛子作品集 空中空(なかそら)
(2012/11/30)
宮永愛子

商品詳細を見る


関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://suesue201.blog64.fc2.com/tb.php/658-b1c055b7
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。