足立区綾瀬美術館 annex

東京近郊の美術館・展覧会を紹介してます。 絵画作品にときどき文学や音楽、映画などもからめて。

鏑木清方「秋の夜」

0   0


最近覚えたきれいな言葉。
「秋波」と書いて「しゅうは」と読みます。
美人の涼しい目元や、媚びを含んだ目つき、流し目のことなんですって。
乙川優三郎の「後瀬の花」っていう短編小説に出てきたんですが、
そこでも色っぽい視線といった意味合いで使われていました。
現代では最初の「美人の〜」の部分が抜け落ちて、
あまりよくない意味合いで使われることが多いみたいですが……。
政治の駆け引きとかね。
こういうきれいな言葉は
きれいな人に使わないともったいないと思うんだけどな。
とはいえ、「秋波」なんて言葉が似合う人が今の世の中にどれだけいるか…。
お前は何様だって叱られそうですが(笑)


鏑木清方「秋の夜」
 Autumn Night(1919)
 Kaburaki Kiyokata




こちらは鏑木清方「秋の夜」。
なんとなく「秋波」という単語の意味とか響きとか、
清方の美人画にあう気がするんですよねぇ。
媚びてる感じはしないけど、涼しげな目元とかね。
画中の女性は鈴虫に気を取られているんですが、
この姿勢のまま、ふっとこちらを振り向いたとしたら……。
少し上目遣いになってさぞかし美しいだろうな。
愁いを帯びた目元に、気もそぞろになってしまいそう。




今日も明日もがんばろう。
人気ブログランキングへ  Twitterボタン


五年の梅 (新潮文庫)五年の梅 (新潮文庫)
(2003/09)
乙川 優三郎

商品詳細を見る


関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://suesue201.blog64.fc2.com/tb.php/662-177f402b
該当の記事は見つかりませんでした。