足立区綾瀬美術館 annex

東京近郊の美術館・展覧会を紹介してます。 絵画作品にときどき文学や音楽、映画などもからめて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柴田是真「月薄鈴虫蒔絵額」(ZESHINより)

0   0


秋の夜。
崖の向こうに顔をのぞかせた銀の月。
夜露が月光をうけとめて、そこかしこで煌めいています。
目をこらせば、光のなかと闇のなかに
それぞれ鈴虫の姿が見えますね。
柴田是真「月薄鈴虫蒔絵額」。
根津美術館の「ZESHIN」で展示されていた作品です。


柴田是真「月薄鈴虫蒔絵額」
 Crickets on Pampas Grass under the Moon(1877)
 Shibata Zeshin




黒蝋色塗のうえに銀蒔絵の満月を配し、
薄と鈴虫は黒蒔絵で表現。
露も銀蒔絵であらわし、
冷たく澄んだ夜の世界に迷い込んだかのようです。
絢爛豪華とは真逆の、寂びた美しさを感じますね。


根津美術館の「ZESHIN」へは今月初めに足を運んだのですが、
以来ことあるごとに図録を開いてはうっとりため息をついています。
是真の漆芸の魅力にどっぷりはまってしまったみたいで。
もう1回行かなきゃなぁ。




今日も明日もがんばろう。
人気ブログランキングへ  Twitterボタン


柴田 是真柴田 是真
(2009/11)
安村敏信

商品詳細を見る




関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://suesue201.blog64.fc2.com/tb.php/665-cbbcfef6
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。