足立区綾瀬美術館 annex

東京近郊の美術館・展覧会を紹介してます。 絵画作品にときどき文学や音楽、映画などもからめて。

ラミー2000の4色ボールペン(文房具のお話)

0   0


今日はちょっと趣向を変えて、文房具のお話を。
昔から文房具が好きでして、といってもあれこれ買うのではなく
これはと気に入ったものを何年も使い続ける、という感じです。
で、現在仕事で大活躍してくれているのがこちら。
ラミー社の名品、「ラミー2000」です。


ラミー2000



胴軸は緩やかなカーブを描く樽型。
よく見ると木炭の肌合いを思わせる細かなラインが走っていて、
接合部も一見しただけでは分からないほど精緻なつくり。
シルバーとブラックの境目じゃなくて、もう少し上が接合部なのです。
適度な重量で手になじみ、握ったときのフィット感も抜群です。
デザインはバウハウスの影響を受けたドイツのデザイナー、
ゲルト・アルフレッド・ミュラー。
1966年、今から40年以上も前に生み出されたというから驚きです。
2000年になっても色褪せないデザインを、
そんなコンセプトで作られた、
ラミー社としては初のデザインプロダクトなのだとか。

ラミー2000ペン先
 ペン先はつや消しのシルバー。ボディの黒とのバランスもばっちり。




さらにさらに。
これ、実は4色ボールペンなのです。
多色ボールペンって基本的に頭でっかちでごつごつしてますが、
ラミー2000はノックボタンが1つしかないですね。
ここにもまた、ラミー社の技術の粋が集められています。
クリップの周りに赤、青、緑のマークが付いており、
たとえば赤いマークを上にしてノックボタンを押すと
対応する赤い芯が出てくるという仕組みになっています。
黒を使いたい場合は、クリップを上にしてノックボタンを押せばOK。
一切の無駄を排した直感的なデザインは、
アップルのプロダクトに通じるものがあるなぁ、なんて思ったりします。

ラミー2000上部
 オンリーワンのノック構造。まさに神は細部に宿る。



さらにさらにさらに。
ラミー2000の魅力のひとつに、リフィル(替芯)の互換性があります。
4Cという規格のリフィルが採用されており、
ゼブラやパイロット、トンボなど各文具メーカーが
同規格のリフィルを発売しているのです。
ラミー2000の書き味は正直なところ今ひとつなんですが、
自分にあったリフィルと交換することで自在にカスタマイズできるわけですね。
ちなみにぼくはパイロットのリフィルに最近切り替えました。
サラサラスイスイと書き心地も文句なし。
ラミー2000は40年以上の歴史を持ちながら、
リフィル交換でさらなる進化を遂げられるすごいボールペンなのですよ。



たかが文房具、されど文房具。
そこには毎日使い続けても飽きない実用性・機能美があり、
小さなボディに人間の叡智が込められていると思います。
人間の生産活動は、すべからく文房具から始まる……というのは言い過ぎですが、
好きな文房具を使っていると生産性が上がるっていうのはあると思います。


思い起こせば、文房具に夢中になったのは小学校高学年のとき。
姉からもらったパーソンズコレクションのシャープペンが最初でした。
クリップと下方の胴軸は黒の鉄製で、上方の胴軸は濃紺の樹脂製。
接合部に鮮やかなイエローのリングが付いていて、
これを回転させると「HB」「2B」など
芯の太さを表示できるという遊び心にあふれた逸品でした。
当時新品で1000円くらいだったと思いますが、
田舎の小学生にとって1000円の文房具っていうのは超高級品なわけで。
こいつのおかげで嫌いな勉強もがんばれたような気がしています。
あと、昔の小中学校だと自己主張できるアイテムって文房具くらいですからね。
無口で人見知りなぼくの場合、
文房具が会話のきっかけになるっていうケースが割と多かったように思います。
残念ながらこのシャープペンは高校のときに壊れてしまって
そのまま行方不明になってしまいました。
同じものがオークションで出てないかと時々探すんですが、
なかなか出会えないんですよね。。


話をまた現在に戻しますと、
手帳はファイロファックスを5年以上使っています。
黒のレザーにレッドステッチが十字に走る、
ちょっとシックでかわいらしいモデルです。
バイブルサイズですが、リフィルはナローサイズを使用。
こうすると、ペンを収納したときもすっきりまとまるのです。
同じデザインでスリムタイプの手帳が出ているので
そっちに替えようかとも思うんですが、
長く使っていると愛着がわいて、なかなか手放せない次第です。

手帳
 Filofaxの手帳。90度回転させて、横向きにして使ってます。クレー展で買った定規をしおりのかわりに。



万年筆はいくつか持っていて、
一番はウォーターマンのメトロポリタン・エッセンシャル・ホワイトCT。
たくさんの思い出がつまった大切な品なのです。
いつかこの万年筆で、夢をかなえられたらなぁと思っています。



……絵画の話より熱が入ってしまいました(笑)
それでは今回は、この辺で。





今日も明日もがんばろう。
人気ブログランキングへ  Twitterボタン


LAMY【ラミー】 4色ボールペン(黒・赤・青・緑ボールペン) Lamy2000 L401LAMY【ラミー】 4色ボールペン(黒・赤・青・緑ボールペン) Lamy2000 L401
()
LAMY

商品詳細を見る
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://suesue201.blog64.fc2.com/tb.php/686-aeaa39db
該当の記事は見つかりませんでした。