足立区綾瀬美術館 annex

東京近郊の美術館・展覧会を紹介してます。 絵画作品にときどき文学や音楽、映画などもからめて。

鏑木清方「妖魚」

0   0


伊東深水、山川秀峰と続いたので
今回は2人の師である鏑木清方を。
といっても、美人画は過去に何度も紹介しているので
清方作品のなかでも異色といわれる一点を。
1920年に発表した「妖魚」です。


鏑木清方「妖魚」
 A Bewitching Mermaid(1920)
 Kaburaki Kiyokata




海上の岩場に身を横たえる女性。
濡れてみだれた黒髪を這わせ、
あやしい微笑みを正面に投げかけています。
下半身は金の鱗に覆われ、長く伸びたその先は2つに割れて……
妖魚、つまり彼女は人魚なのですね。
両手で小魚をもてあそぶ様はどこか挑発的で、
見るものを屏風の内側へ誘おうとするかのよう。
ベックリンなど世紀末絵画を思わせる作品です。



横浜美術館の「はじまりは国芳」にて
この作品と対面したんですが、
いやはや何とも……釘付けになってしまいました。
蛇ににらまれた蛙のように。
美人画の巨匠にもかかわらず
妖魚の上半身のプロポーションは崩れていて、
妙に腕が太かったり乳房の形がおかしかったり……。
そこに女性の繊細さなど微塵も感じられず、
隙あらば男性を引きずり込もうとする魔性の力を感じます。

鏑木清方「妖魚」拡大
 清方流ファム・ファタールか?



さて、美人画といえば西の松園、東の清方といわれますが
清方の「妖魚」より2年ほど先に
上村松園もまた、従来の作風を覆すような作品を発表しています。
嫉妬に狂い、生き霊となった女性を描いた「焰」という一枚。
清方は松園のことを尊敬していたといいますから、
もしかしたら松園の「焰」に触発されたのかもしれないですね。

上村松園「焰」
 上村松園「焰」。こちらは幽霊。



今日も明日もがんばろう。
人気ブログランキングへ  Twitterボタン


鏑木清方―逝きし明治のおもかげ (別冊太陽 日本のこころ 152)鏑木清方―逝きし明治のおもかげ (別冊太陽 日本のこころ 152)
(2008/03)
倉田公裕

商品詳細を見る


関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://suesue201.blog64.fc2.com/tb.php/706-a807f103
該当の記事は見つかりませんでした。