足立区綾瀬美術館 annex

東京近郊の美術館・展覧会を紹介してます。 絵画作品にときどき文学や音楽、映画などもからめて。

フランツ・マルク「青い馬1」

0   0


フランツ・マルクが好きです。
ドイツ出身の画家にして、青騎士の中心メンバー。
わずか10年という画業のなかで
動物に心を寄せ、動物を描き続けた優しい人です。


フランツ・マルク「青い馬1」
 Blue Horse 1 (1911)
 Franz Marc





こちらはフランツ・マルクの代表作「青い馬1」。
眼を閉じて瞑想にふけるような、神秘的な仔馬の姿。
頭部の傾きは右下の植物と響き合い、
命あるもののつながりがさりげなく表現されているようです。
本来あるはずのない色彩の取り合わせですが、
幼い日の夢の世界に迷い込んだみたいで
なんだか心が安らぐんですよね。
童話的というかなんというか。


マルクは風景画家の父のもとで育ちましたが、
あまりに厳しい教育のせいで人間嫌いの少年に育ってしまいます。
そんな彼にとって、転機となったのが馬術の訓練でした。
馬の背にまたがり、その足音を、振動を、ぬくもりを、
そして風を全身に感じた時……
命のきらめきに触れたマルクは、動物を愛するようになるんですね。
そして画家となり、カンディンスキーたちと出会い、
動物をモチーフとした数々の傑作を残すわけです。


マルクの作品といえば数年前の青騎士展が記憶に新しいけど、
いつかどこかで、フランツ・マルク展をやってくれたらうれしいなぁ。
それでは、マルクが描いた青い馬をいくつか抜粋。
こちらのサイトでもまとめて見れます。



マルク「青い仔馬たち」
 マルクは青い馬を多く描いている。少年時代の体験によるものなのか。


フランツ・マルク「青と赤、2頭の馬」
 作品は徐々に幾何学的になっていく。


フランツ・マルク「眠る馬」
 ここまで形態を簡略化しても、馬だと分かる。




 おまけ。馬が印象的な曲です。



 もうひとつおまけ。青い馬というところで。





今日も明日もがんばろう。
人気ブログランキングへ  Twitterボタン


青騎士 (ニュー・ベーシック・ジャンル・シリーズ)青騎士 (ニュー・ベーシック・ジャンル・シリーズ)
(2010/10/14)
ハーヨ・デュヒティング

商品詳細を見る


関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://suesue201.blog64.fc2.com/tb.php/715-d46d8c9c
該当の記事は見つかりませんでした。