足立区綾瀬美術館 annex

東京近郊の美術館・展覧会を紹介してます。 絵画作品にときどき文学や音楽、映画などもからめて。

マックスフィールド・パリッシュ「歓喜」

0   0


自宅でパソコンを前にしていると
ついあれこれ考えてしまうけど、
クヨクヨするのは柄じゃないから
元気を出していこうと思います。


マックスフィールド・パリッシュ「歓喜」
 Ecstasy(1929)
 Maxfield Parrish




マックスフィールド・パリッシュ「歓喜」。
日差しを全身にあびて、歓びに身を震わせる少女。
雄々しい雲は後退し、彼女の眼前には青空だけが広がっているのでしょう。
それは「パリッシュ・ブルー」と称された、
画家を象徴する鮮やかな青。
色使いといい構図といい、「歓喜」と呼ぶにふさわしい一枚だと思います。
青空と白い服は、ぼくの大切な人を思い出させてくれるから。


パリッシュは米国コマーシャル・アートの先駆的存在。
日本ではあまり知名度の高い画家ではないと思いますが、
1995年に山梨県立美術館でパリッシュ展が開催されています。
そのときの図録を本日ネットで注文しました。
早く届くといいなぁ♪



さて、明日は曜変天目を見に行こうと思います。
器の中に広がる小宇宙、楽しみだな。




今日も明日もがんばろう。
人気ブログランキングへ  Twitterボタン



関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://suesue201.blog64.fc2.com/tb.php/724-1c2b7906
該当の記事は見つかりませんでした。