足立区綾瀬美術館 annex

東京近郊の美術館・展覧会を紹介してます。 絵画作品にときどき文学や音楽、映画などもからめて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミュシャ「百合の聖母」(ミュシャ展より)

0   0


元々はエルサレムの教会壁画として構想された作品。
そのため247×182cmの大作であり、
「スラヴ叙事詩」を構想していた時期だけに
宗教と民族的な要素が色濃くあらわれています。
アルフォンス・ミュシャ「百合の聖母」。
森アーツセンターギャラリーの「ミュシャ展」より。


ミュシャ「百合の聖母」
 Madonna of the Lilies(1905)
 Alphonse Mucha




画面の上半分を覆いつくす白百合と、
その芳香のなかで静かに佇む聖母。
白百合は聖母の純潔をあらわすアイテムであり
彼女の衣装もまた、白で統一されています。


一方、画面左下の赤毛の少女はチェコの民族衣装に身をつつみ
こちらに視線を投げかけています。
目を閉じた聖母と、目を開いた少女。
聖母は背後の花々に溶け込みそうなほど淡く幻想的なのに対し
少女は色彩も輪郭もくっきりと、命ある存在として描かれています。
大地にしっかりと腰をおろした少女と
浮遊するような聖母の対比も見事ですね。


本作は「女性」と「花」というミュシャお得意の組み合わせですが、
前回の「四芸術」と比べても雰囲気は大きく異なり
ミュシャ作品のもうひとつの側面をうかがい知ることができます。
展覧会では、ここから畢生の大作「スラヴ叙事詩」関連の作品へ。
ただ美しいだけではない、ミュシャの真髄に触れられる点で
今回の「ミュシャ展」は非常に意義深いと思っています。
象徴主義なんかも好きな自分としては、この手の作品に惹かれてしまうので。。





おまけ。スラヴで聖母といったらこの曲を連想しちゃいました。




今日も明日もがんばろう。
人気ブログランキングへ  Twitterボタン


アルフォンス・ミュシャ作品集アルフォンス・ミュシャ作品集
(2004/10)
島田 紀夫

商品詳細を見る

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://suesue201.blog64.fc2.com/tb.php/751-5dcc04c8
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。