足立区綾瀬美術館 annex

東京近郊の美術館・展覧会を紹介してます。 絵画作品にときどき文学や音楽、映画などもからめて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴヤ「我が子を喰らうサトゥルヌス」

0   0



深淵を覗きこむとき、
深淵もまたこちらを覗いているのだ。

            (ニーチェ)




ゴヤ「我が子を喰らうサトゥルヌス」
 Saturn Devouring His Son(1820-23)
 Francisco de Goya




フランシス・ベーコンの作品を見たとき、
反射的に思い浮かんだのはゴヤの作品でした。
「我が子を喰らうサトゥルヌス」。
ゴヤが晩年を過ごした「聾者の家」に描かれた
14枚の壁画、通称「黒い絵」の一枚です。
軋みを上げそうなほどに歪んだ肉体、
画面におさまりきらぬ手足、
そして「我が子を喰らう」というおぞましい行為。
自分の子に殺されるという予言を信じ、
殺される前に……と5人の子を次々に飲み込んでいった
時の翁サトゥルヌスの凄惨な物語を、
ゴヤは食堂の壁に描いたといいます。
生きながらえるための「食事」という儀式を、
ゴヤはこの作品を見ながら行っていたということです。

ゴヤ「食事をする二老人」
 ゴヤ「食事をする二老人」。これも黒い絵の一枚。



グロテスクな黒い絵のなかでも、
「我が子を喰らうサトゥルヌス」は凄惨さにおいて群を抜いています。
ゴヤはどうしてこんな作品を描いたのか。
聴力を失い、視力さえも弱っていくなかで
ゴヤは闇というものを強く意識していたのかもしれません。
戦争の惨禍を目の当たりにし、人間の醜さを描き続けたゴヤの心は
既に闇に覆われていたのでしょうか。


しかしゴヤは、闇に飲み込まれることはありませんでした。
黒い絵の時代を経て、奇跡のような光あふれる作品を残すのです。
作品名は「ボルドーのミルク売りの少女」。
これについては前にも書きましたが、
壮絶な「我が子を喰らうサトゥルヌス」とは似ても似つかぬ
心洗われる美しい一枚です。
いつか実物を見たいと、そう願ってやみません。

ボルドーのミルク売りの少女
 ゴヤの絶筆とされる「ボルドーのミルク売りの少女」




さて、前回に続いて怖い絵を紹介してしまったので、
次回からはとっておきの可愛い絵をご紹介したいと思います。
最近また慌ただしくなってきたので(実は大阪におります)
次の更新まで間があくかもしれませんが……。




今日も明日もがんばろう。
人気ブログランキングへ  Twitterボタン


ゴヤ (アート・ライブラリー)ゴヤ (アート・ライブラリー)
(1999/08)
エンリケタ ハリス

商品詳細を見る


関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://suesue201.blog64.fc2.com/tb.php/763-a8dd8c13
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。