足立区綾瀬美術館 annex

東京近郊の美術館・展覧会を紹介してます。 絵画作品にときどき文学や音楽、映画などもからめて。

マティス「マグノリアのある静物」

2   0


マグノリアが活けられた翡翠色の花瓶の後ろに、
オレンジ色の鍋がおいてあるでしょう?
大きな丸い口をこっち向きにしてね。
まったく、芸術家の感性っていうのはどういうものなんでしょうね。
マグノリアと、鍋。そんな取り合わせすら、
うつくしい、と思わせてしまう巧妙さ。
どんなに陰鬱な時代でも、ひととき、
せめて絵を眺めているあいだくらいは、
何もかも忘れて、夢を見ることができるように。
痛みをなくす麻酔のような力が、先生の絵にはある。

(原田マハ「ジヴェルニーの食卓」より)


マティス「マグノリアのある静物」
 Still Life with a Magnolia(1941)
 Henri Matisse




アンリ・マティス「マグノリアのある静物」。
鮮烈な赤のまんなかに置かれた緑色の花瓶、
そこに真っ白な一輪のマグノリアが咲いています。
赤と緑は互いを引き立てる補色の関係。
そしてその中央に咲き誇るマグノリアは
時に白よりももっと白く、
時に微かに色づいて見えてきます。
これら色彩の出会いを寿ぐように
四隅に置かれた色とりどりの静物も楽しげですね。


この作品は、原田マハの小説「ジヴェルニーの食卓」に出てきました。
4人の有名画家を巡る短編集で、
ひとつめの物語はマティスにちなんだお話。
絵筆をはさみに、絵具を色紙に変えた
老齢のマティスのもとで働くことになった
「マグノリアのマリア」と呼ばれる家政婦が主人公です。
ロックフェラー礼拝堂の薔薇窓のための作品に取り組むマティス、
彼のもとを訪れた盟友パブロ・ピカソ……。
おっと、短編なのでネタバレにならないようにここで止めておきましょう。


「ジヴェルニーの食卓」は、
アートが好きな方ならきっと夢中になれる小説です。
マティス以外の登場画家はドガ、セザンヌ、モネ。
光と色彩が踊るような美しい描写で、
あたかも絵画を眼前にしているような気分になります。
序盤の特に感動的でもないシーンで
なぜだか目頭が熱くなってしまったのは、
ひさびさに良質な物語に触れたせいでしょうか。
それとも年々涙腺が弱くなってるだけかな?
「楽園のカンヴァス」の著者が贈る、色鮮やかな物語。
おすすめです。



今日も明日もがんばろう。
人気ブログランキングへ  Twitterボタン


ジヴェルニーの食卓ジヴェルニーの食卓
(2013/03/26)
原田 マハ

商品詳細を見る


関連記事

2 Comments

aqua says..."「ジヴェルニーの食卓」を読んで"
「マグノリアのある静物」がどんな絵だったかなぁと探していたら、この記事に辿り着きました。
自分も、美術館巡りが好きなのですが、他の記事も拝見し、過去に見た展覧会の絵を思い出したり。
今まで気に留めていなかった画家も、こんなに素敵な作品があるのだと発見できて、嬉しい気持ちになりました。
これからも楽しみにしています。
2013.08.16 10:01 | URL | #- [edit]
スエスエ201 says..."Re: 「ジヴェルニーの食卓」を読んで"
> aquaさん

こんばんは。コメントありがとうございます。
ブログのこと、気に入っていただけたようで嬉しい限りです。
のんびり気ままに更新しておりますので、
ぜひまたお越しくださいませ♪
2013.08.17 01:22 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://suesue201.blog64.fc2.com/tb.php/772-d40f920a
該当の記事は見つかりませんでした。