足立区綾瀬美術館 annex

東京近郊の美術館・展覧会を紹介してます。 絵画作品にときどき文学や音楽、映画などもからめて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モーリス・ドニ「朝食、フィリッポ・リッピ風に」

0   0


前回の続きです。
フィリッポ・リッピ、聖母子、そして家族ときたら……
ぼくが連想するのはこの一枚。
モーリス・ドニ「朝食、フィリッポ・リッピ風に」です。


モーリス・ドニ「朝食、フィリッポ・リッピ風に」
 Breakfast(1898)
 Maurice Denis



ドニもまた、家族を聖母子と重ね合わせて描いた画家でした。
本作はタイトルの通り、フィリッポ・リッピを意識して描かれた作品。
幼子に朝食を食べさせる母親の姿はとても清らかで
見るものを幸せな気持ちにしてくれます。


「朝食、フィリッポ・リッピ風に」は
2年前の9月に損保ジャパン東郷青児美術館で開かれた
「モーリス・ドニ —いのちの輝き、子どものいる風景—」
という展覧会で見た作品です。
いままでいろんな展覧会を見てきましたが、
自分のなかではこの展覧会がベストです。
好きな画家であること、作品が粒ぞろいだったこと、
そして当時の心境もあって。
時々図録を引っ張り出しては、
あのころのことを思い出しています。









今日も明日もがんばろう。
人気ブログランキングへ  Twitterボタン



関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://suesue201.blog64.fc2.com/tb.php/778-573e8630
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。