足立区綾瀬美術館 annex

東京近郊の美術館・展覧会を紹介してます。 絵画作品にときどき文学や音楽、映画などもからめて。

映画「ハーブ&ドロシー ふたりからの贈りもの」

2   0


クラーク・コレクションやプライス・コレクション、
ファインバーグ・コレクションなどなど
アメリカの資産家の絵画コレクションが次々に来日して話題になっています。
そんななか、数年前に50州の美術館に50点ずつ、
計2500点もの現代アートを寄贈したコレクター夫妻がおりまして……
どんだけお金持ちなんですか!と思いきや、
彼らが住んでいたのはNYの1LDKのアパート。
そんな前代未聞の不思議な夫妻の物語
「ハーブ&ドロシー ふたりからの贈りもの」を先日見てまいりました。


ハーブ&ドロシー



作品を購入するときの基準は
給料で買えること、そして小さなアパートに収まるサイズであること。
2人はそれぞれ郵便局員と図書館司書として働いており、
どちらかのお給料を生活費に、残りをアート購入費にあてていたそうです。
無名のアーティストの作品でも「これは!」と思えば購入し、
気がつけばコレクションは5000点以上に。
ベッドの下にまで作品が詰め込まれているのもすごいんですが、
これを全米の美術館に送り出すという決断がまたすごい。


2人にとって集めたアートは子どものようなもので、
だからいつか別れのときがくるのは当然のことであると。
売れずに悩むアーティストを励まし
親密な関係を築くこともあったといいますから、
作品そのものだけでなく、
全米のアーティストが夫妻の子どものようなものなのかもしれません。
コレクションは1点たりとも売ったことがないというのも、納得です。


高齢の2人ゆえ、映画の最後には悲しい結末が待っています。
からっぽの部屋、そして……。
残されたドロシーが、もう作品を購入することはないと語る
その理由がまた泣けるんですよね。
すばらしいパートナーだったんだなぁって。
こういう生き方もあるんだなぁと、いい意味で考えさせられる作品でした。
現代アートはよく分からないという人も多いでしょうけど(ぼくも)、
この映画を見るとぐっと身近に感じられる筈ですよ。







今日も明日もがんばろう。
人気ブログランキングへ  Twitterボタン


関連記事

2 Comments

GOMA28 says...""
ときどき立ち寄らせて頂いております。
とてもよいお話のようですので、私も観てみたいと思いました。よい情報、ありがとうございます。
ちなみに私は、ギュスターブ・モローとウンベルト・ボッチョーニ、バルチスが特に好きです。
中学時代に模写したモローの絵が額に入ってまだ2枚あります(笑)
2013.05.26 16:11 | URL | #- [edit]
スエスエ201 says..."Re: タイトルなし"
> GOMA28さん

こんばんは。コメントありがとうございます。
「ハーブ&ドロシー」、ほっこり系のとてもいい映画ですよ。
現代アートのあり方についていろいろ考えさせてくれます。

中学でモローの模写!
当時まったく絵画に興味のなかった自分としては、ただただすごいなぁと(笑)
汐留ミュージアムのモローとルオー展も楽しみですね
2013.05.27 01:08 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://suesue201.blog64.fc2.com/tb.php/808-9f4dfbeb
該当の記事は見つかりませんでした。