足立区綾瀬美術館 annex

東京近郊の美術館・展覧会を紹介してます。 絵画作品にときどき文学や音楽、映画などもからめて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鈴木其一「群鶴図屏風」(ファインバーグ・コレクション)

2   0


尾形光琳にはじまり、
琳派の画家たちが代々受け継いできた
金地に青い渦巻き水紋、そして群れなす鶴の構図。
酒井抱一の弟子・鈴木其一もこの「群鶴図屏風」を手がけており、
江戸東京博物館の「ファインバーグ・コレクション展」で
作品を見ることができます。


鈴木其一「群鶴図屏風(ファインバーグ・コレクション)左隻 鈴木其一「群鶴図屏風(ファインバーグ・コレクション)右隻
Cranes
Suzuki Kiitsu




端正なたたずまいですがどこか飄々とした群鶴。
流水の表情、いわゆる光琳水の不思議な曲線と金地の輝きを見つめていると
平面なんだか立体なんだか分からなくなってきます。
水は奥へ流れていき、鶴は手前にせり出してきて
さて自分はどこにいるのだろう、と。
金地の屏風を前にするとよく陥る錯覚で
これぞ夢幻の心持ちですね。
それにしても、光琳水を見るとカーボン紙を連想するのはぼくだけでしょうか。


江戸東京博物館の「ファインバーグ・コレクション展」は7月15日まで。
その後、滋賀、鳥取を巡回します。
「江戸絵画の奇跡」というサブタイトルにふさわしく
オールスターともいえる豪華な面々が並んでおり、
会場では宗達をはじめとする「琳派」、
大雅や蕪村などの「文人画」、
応挙から連なる「円山四条派」、
山雪や若冲の「奇想派」、
そして江戸の芸術の粋ともいえる「浮世絵」という
5つのテーマに分けて作品が展示されていました。
後期展示がはじまったら、また行かなくちゃと思っています。




ところで其一の「群鶴図屏風」ですが、
同題の作品が今、東北でも展示されています。
米国カリフォルニアからやってきた、プライスコレクション。
ファインバーグ・コレクションとはひと味違った、
其一の遊び心が光る屏風とのことで……
岩手までいくか、夏の福島巡回を待つか非常に悩ましい。
東北出張があるといいんだけどなぁ。




今日も明日もがんばろう。
人気ブログランキングへ  Twitterボタン


美術手帖 2008年 10月号 [雑誌]美術手帖 2008年 10月号 [雑誌]
(2008/09/17)
不明

商品詳細を見る



関連記事

-2 Comments

小さなレモン says..."よかったぁ~"
福島県立美術館から出て、車に乗りましたが発車できずに書いています。

よかった!(b^ー°)


若中はもちろんだけど


其一(*^o^*)


ちょっと興奮してます。
2013.07.30 17:15 | URL | #- [edit]
スエスエ201 says..."Re: よかったぁ~"
> 小さなレモンさん

おおおお若冲行ったんですね!うらやましい!
其一は群鶴図屏風とかでしょうか?
ぼくも8月に……と思っていたら予定が入ってしまい、
9月ぎりぎりになりそうです。
でも楽しみ♪
2013.07.31 03:17 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://suesue201.blog64.fc2.com/tb.php/818-f08c7261
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。