足立区綾瀬美術館 annex

東京近郊の美術館・展覧会を紹介してます。 絵画作品にときどき文学や音楽、映画などもからめて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クプカ「沈黙の道」

0   0


昨晩は残念ながら曇り模様。
ペルセウス座流星群は見られませんでした。
そもそもこういうイベント抜きで夜空を眺めること自体なくなっちゃったなぁ。


沈黙の道
Cesta Ticha(1903)
František Kupka




こちらはフランティセック・クプカの「沈黙の道」。
スフィンクスの像が両側にずらっと並び、
その間の石畳を一人歩く旅人。
この道は果てしなく続くようでもあり、
旅人は実体がないようでもあり。


空には星が輝き、中央には天の川が。
しかしよく見ると、天の川の先端は
道の彼方に吸い込まれていくように見えます。
星空をも呑み込むほどの、永遠の小道。
終わる事のない沈黙の世界。
夢の中のような、幻想的な光景です。
パッと見はちょっと怖い作品なんですが、
僕はこの絵を見るとなんだか気持ちが落ち着きます。


クプカは東ボヘミア(現チェコ)出身の画家。
この後キュビスムの影響を受け、
次第に作風を抽象絵画に傾けていきます。
沈黙の道を通り抜け、クプカ自身は
みずからの精神性を新たな芸術に昇華させていったということでしょうか。



ぽちっとお願いします!
人気ブログランキングへ  Twitterボタン




Frantisek KupkaFrantisek Kupka
(2010/01)
Pierre Brulle

商品詳細を見る

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://suesue201.blog64.fc2.com/tb.php/82-74ac4d69
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。