足立区綾瀬美術館 annex

東京近郊の美術館・展覧会を紹介してます。 絵画作品にときどき文学や音楽、映画などもからめて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

川合玉堂「紅白梅」

0   0


山種美術館の「川合玉堂展」、
こんな作品も展示されていました。
琳派にならってつくられた金屏風、「紅白梅」です。


     川合玉堂「紅白梅」右隻

川合玉堂「紅白梅」左隻
Red and White Plum Blossoms(1919)
Kawai Gyokudo




「梅花は少なすぎると思える程少なく描くことによって
梅の気品が出る」とは玉堂自身の言葉。
絢爛たる金地に対して梅の花は控えめに、
けれど確かな存在感で香を放っています。
屏風の天地を力強く貫く右隻の白梅に対して、
左隻の紅梅は宙に浮いているような不思議な印象。
根元の高低と奥行きを強調したがゆえに、
金地の異空間がひときわ強まっています。
また、よく見ればこの幻想的な世界に、3羽のシジュウカラが。
無音の世界をかすかに震わすような、
かわいらしい鳴き声が聞こえてきそうです。


玉堂は最初に円山四条派を学んでいただけあって、
花鳥や動物を描くことにも長けていたようです。
「紅白梅屏風」のシジュウカラのほか、
展覧会では馬や兎、鶴、虎、猫などなど
動物を描いた作品も多く展示されていました。
やさしいまなざしで描かれた動物たちもまた、
玉堂作品の魅力であると感じ入った次第です。



今日も明日もがんばろう。
人気ブログランキングへ  Twitterボタン



関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://suesue201.blog64.fc2.com/tb.php/833-a529dab1
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。