fc2ブログ

足立区綾瀬美術館 annex

東京近郊の美術館・展覧会を紹介してます。 絵画作品にときどき文学や音楽、映画などもからめて。

有元利夫「厳格なカノン」

0   0


東京庭園美術館の「有元利夫展 天空の音楽」に行ってきました。
活動期間はわずか10年ほど、38歳という若さで亡くなった早逝の画家。
しかしその独自の画風は死後も評価を高めています。
かなり独特の作風なんで、見た事があるという人も多いのでは。


厳格なカノン



こちらは1980年発表の「厳格なカノン」。
我が敬愛する作家、宮本輝の「愉楽の園」の表紙にも使われており
個人的にもいろいろと感銘深い作品です。
有元利夫は音楽にも造詣が深く、
今作もおそらくパッヘルベルに代表される、
音楽様式のカノンから題を取ったのでしょう。


フレスコ画と仏画の影響を受け、岩絵の具を使用したゆえの味わい深い絵肌。
絵画作品は時による劣化を余儀なくされますが、
有元利夫の作品は時間を味方につけ、風化さえも魅力として取り込みます。
制作からわずか30年程度しかたっていないのに、
遥かな時を経たような静寂と孤高を感じさせる作品です。



ぽちっとお願いします!
人気ブログランキングへ  Twitterボタン




有元利夫 女神たち有元利夫 女神たち
(2006/04/13)
有元 利夫

商品詳細を見る


関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://suesue201.blog64.fc2.com/tb.php/85-f4d06eb0
該当の記事は見つかりませんでした。