fc2ブログ

足立区綾瀬美術館 annex

東京近郊の美術館・展覧会を紹介してます。 絵画作品にときどき文学や音楽、映画などもからめて。

有元利夫「一人の夜」

2   0


前回に引き続き、東京都庭園美術館の「有元利夫展 天空の音楽」より。
有元利夫の作品は何とも素朴で味わい深くて、
西洋絵画でいうなら、アンリ・ルソーのような印象。
そんなことを思っていたら、この絵に出くわしました。


一人の夜



「一人の夜」。
おぉ・・・構図といい、色合いといい、木の枝の雰囲気といい、
ルソーの「カーニバルの夜」にそっくりじゃないか。
実はこの類似についてはカタログでも触れられてるんです。
和歌でいうところの本歌取りのようなもので、
絵画の世界ではよくあることなんですが
う~むこんなに似てるのに、見事なまでの有元利夫ワールドに。
これなら世のルソーファンも納得なんじゃないでしょうか。

カーニバルの夜 一人の夜




ちなみに中央の女性が地面に円を描くしぐさ、
ウォーターハウスの「魔法円」にも似てる気が。
並べてみると、結構おもしろいです。(魔法円は一番右)

カーニバルの夜 一人の夜 魔法円



ぽちっとお願いします!
人気ブログランキングへ  Twitterボタン




有元利夫 女神たち有元利夫 女神たち
(2006/04/13)
有元 利夫

商品詳細を見る


関連記事

2 Comments

RYOTA says...""
ルソーも有元も大好きです。
有元はより夢空間を膨らませているようです。
勉強になりました。
2011.02.18 23:15 | URL | #- [edit]
スエスエ201 says..."Re: タイトルなし"
コメントありがとうございます。
どちらも一見稚拙なようで、
けれどじっと見ていると夢の世界に引き込まれそうですね。
2011.02.20 01:26 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://suesue201.blog64.fc2.com/tb.php/86-33260063
該当の記事は見つかりませんでした。