足立区綾瀬美術館 annex

東京近郊の美術館・展覧会を紹介してます。 絵画作品にときどき文学や音楽、映画などもからめて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊藤若冲「紫陽花双鶏図」(プライスコレクション展より)

2   0


引き続きプライスコレクション展の作品なんですが、
伊藤若冲といえばやっぱりこれ。
鶏でしょう!


伊藤若冲「紫陽花双鶏図」
Rooster and Hen with Hydrangeas(18th century)
Ito Jakuchu




伊藤若冲「紫陽花双鶏図」。
かっこいい! と思わず声に出てしまいそうな、
凛々しすぎる二羽の鶏が描かれています。
まるで見栄を切る役者のようなお顔ですね。
若冲は庭に数十羽もの鶏を放して
朝から晩まで仔細に観察したそうで、
見るだけで1年、そこから写生に2年を費やしたなんて話もあります。
要するにこれ、庭には二羽鶏がいるの図なわけです。
……失礼しました。


それにしても、鶏の存在感もさることながら
紫陽花やバラの表現も見事。
神気が宿るとはまさにこのことでしょう。
宮内庁所蔵の「動植綵絵」にも同様の構図があり
こちらの「紫陽花双鶏図」が先行して描かれたのでは、といわれています。
なので、どうせだったら「動植綵絵」も見せてほしかったなぁと。
去年アメリカのワシントンで展示したそうで、うらやましい限りです。



さて、前回の記事でプライスコレクションが見られるのは
今回が最後かも……と書きましたが、
下の根も乾かぬうちにちょいと訂正させていただきます。
3年後の2016年が若冲の生誕100周年でして、
それにあわせて東京で若冲展の企画があり、
ついてはプライスコレクションがまた来日かも!?
なんて話がTwitter上で出てまして。
まだまだ先の話なんでどうなるか分かりませんが、
またひとつ、楽しみができました♪



今日も明日もがんばろう。
人気ブログランキングへ  Twitterボタン



関連記事

-2 Comments

めい says...""
庭には二羽鶏・・・ブフッ
もとい、見てて疲れるほどの(笑)精密描写から、まるっと描かれた墨絵の鶏まで、多才な魅力満載の若冲ワールドでしたね。
この紫陽花の描写が、琳派とも違って、独特だなと思いました。
2016年に、期待ですね。(笑)

自分で言っておいてなんですが、千葉市美術館の若冲&琳派は23日までだったんですね。危ない危ない。福島ほどではないですが、遠いんですよね・・・千葉。
2013.09.17 22:29 | URL | #mQop/nM. [edit]
スエスエ201 says..."Re: タイトルなし"
> めいさん

こんばんは。
若冲は墨絵の鶏もひたすらかっこ良かったですねぇ。
歌舞伎役者みたいな表情に、ローリング的な尾羽。うっとりでした。

千葉市美、そうなんですよね。自分も3連休のどこかで。
楽しみです。
2013.09.19 00:22 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://suesue201.blog64.fc2.com/tb.php/887-f92070e5
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。