足立区綾瀬美術館 annex

東京近郊の美術館・展覧会を紹介してます。 絵画作品にときどき文学や音楽、映画などもからめて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マティス「コリウールの開かれた窓」

0   0


ちょっと手を休めて、
窓の外の美しさを眺めよう。
そこに世界がある。
——楽しもう。
今夜外へ出て、星空を眺めよう。
それは大自然の驚異だ。

(デール・カーネギー)


マティス「コリウールの開かれた窓」
Open Window Collioure(1905)
Henri Matisse




こちらはアンリ・マティスの「コリウールの開かれた窓」。
地中海に面したフランスの町で、
マティスは窓をモチーフにした作品をいくつか残しています。
窓辺に悲しくもたれたムンクとは違って、
マティスが描く窓は光にあふれ、歓喜そのもの。
窓の外に広がる世界を、その美しさを、軽やかに描き出しています。
差し込む光、小鳥たちの鳴き声、地中海の風。
そのすべてが、画家の感性を刺激したのでしょう。


職場では自分の席が窓際なこともあって、
よく窓の下の風景を観察したりしています。
今日みたいな日には雨に濡れる路面を、色とりどりの傘を。
晴れた日には、ビルを染める夕陽を。
そしてすらっと足の長いOLを(笑)
要するに現実逃避ですね。
たまにはどこか見晴らしのいい場所で、
窓外の景色に思いを馳せたいものです。


実は怒濤の20連勤でして、あと1週間、
26日までノンストップなのです。
なので今月は一度も美術館に行ってないし、
一冊も本を読んでないし、映画も見てない……。
いかんなぁと思いつつ。
窓を開けてリフレッシュしなくては。


マティス「コリウールの開かれた窓」2
こちらも、マティスが描いたコリウールの窓。





僕は、窓がひとつ欲しい。

あまり大きくてはいけない。
そして外に鎧戸、内にレースのカーテンを持つてゐなくてはいけない、
ガラスは美しい磨きで外の景色がすこしでも歪んではいけない。
窓台は大きい方がいいだらう。窓台の上には花などを飾る、花は何でもいい、
リンダウやナデシコやアザミなど紫の花ならばなほいい。

そしてその窓は大きな湖水に向いてひらいてゐる。
湖水のほとりにはポプラがある。
お腹の赤い白いボオトには少年少女がのつてゐる。
湖の水の色は、頭の上の空の色よりすこし青の強い色だ、
そして雲は白いやはらかな鞠のやうな雲がながれてゐる、
その雲ははつきりした輪廓がいくらか空の青に溶けこんでゐる。

僕は室内にゐて、栗の木でつくつた凭れの高い椅子に座つてうつらうつらと睡つてゐる。
タぐれが来るまで、夜が来るまで、一日、なにもしないで。

僕は、窓が欲しい。たつたひとつ。……


(立原道造 草稿「鉛筆・ネクタイ・窓」より)





今日も明日もがんばろう。
人気ブログランキングへ  Twitterボタン


Henri Matisse: Rooms with a ViewHenri Matisse: Rooms with a View
(2010/11)
Shirley Neilsen Blum

商品詳細を見る

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://suesue201.blog64.fc2.com/tb.php/905-a0e43dd5
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。