足立区綾瀬美術館 annex

東京近郊の美術館・展覧会を紹介してます。 絵画作品にときどき文学や音楽、映画などもからめて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国宝・志野茶碗「卯花墻」

0   0


昨日(日曜)も結局仕事だったんですが、
さすがにそろそろリフレッシュしないとまずいなーと思い
午前中、えいやっと美術館に行ってきました。


志野茶碗「卯花墻」



約20日ぶりの鑑賞ということで、選んだのは三井記念美術館。
お目当ては国宝「卯花墻」です。
画像だとなんだか渋くて朴訥とした印象ですが、
実物は全然ちがうのですよ。
志野焼ならではの白い肌は光を受けてしっとりと輝き、
火照ったような発色がなんとも艶かしくて。
歪な造型もまた、快楽に身をまかせているかのようで。
こんな見方はあれかもしれませんが、
要するにエロいな〜と思った次第です。


「卯花墻」という銘は、独特の色合い(釉景色)が
垣根に咲く卯の花のようであることから。
内箱蓋裏の小色紙には以下の和歌が認められるそうです。
「やまさとのうのはなかきのなかつみち ゆきふみわけしここちこそすれ」
漢字にすると「山郷の卯花墻の中津道 雪踏み分けし心地こそすれ」でしょうか?

卯の花
卯の花。4月の別名「卯月」はこの花による。




志野焼は安土桃山時代に焼かれた美濃焼の一種。
美濃地方独特の白土を使い、多くは釉下に文様が描かれています。
焼成中に発した火色が各所にぼうっと浮かび、
白と赤、茶の取り合わせがなんとも美しいのです。
鉄分によって文字通り真っ赤な色合いの紅志野や、
宮本輝の小説「水のかたち」に登場する鼠志野といった種類も。
三井記念美術館の展示では、
こうした志野焼が数えきれないくらい展示されていて
それはもう、夢心地だったのであります。

鼠志野鶺鴒文鉢 志野万年青香合
左:鼠志野鶺鴒文鉢  右:志野万年青香合



展覧会ではこのほか、
黄瀬戸、瀬戸黒、織部といった桃山時代に美濃で焼かれた名陶が並び
それぞれに違った味わいがあり、
焼物はずぶの素人ながら十二分に楽しめました。
苔のように緑がにじむ黄瀬戸も見事なら、
一見無骨で大胆ながら、実は繊細な瀬戸黒もまた見事。
織部は……あまり好きではないけど、香合はかわいらしくて良かったかな。


さて、久々に茶陶の名品を堪能したのでありますが、
こうなればあと2か所、なんとかまわらねばなりません。
三井記念美術館のほかに五島美術館、根津美術館でも
この秋に茶陶にまつわる展覧会を予定しており、
「茶陶三昧 三館めぐり」と称する3館合同キャンペーンを行っているのです。
いずれかの半券を持っていれば入場料が100円引きになり、
さらに3館すべての半券で、各館の次回展の招待券がもらえるそうです。
それぞれの展覧会の情報は、以下の通り。
根津・五島は庭園も素敵なので、紅葉も楽しめそうですね♪


■三井記念美術館
「国宝『卯花墻』と桃山の名陶 −志野・黄瀬戸・瀬戸黒・織部−」
 9月10日〜11月24日

■五島美術館
「光悦 −桃山の古典(クラシック)」
 10月26日〜12月1日

■根津美術館
「井戸茶碗 −戦国武将があこがれたうつわ−」
 11月2日〜12月15日




今日も明日もがんばろう。
人気ブログランキングへ  Twitterボタン


関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://suesue201.blog64.fc2.com/tb.php/907-7b0fca95
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。