足立区綾瀬美術館 annex

東京近郊の美術館・展覧会を紹介してます。 絵画作品にときどき文学や音楽、映画などもからめて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和田英作「朝陽富士」

2   0



京都国立近代美術館で開催中の「皇室の名品」。
まずはこの1枚から。


和田英作「朝陽富士」
Sunrise at Mount Fuji(1917)
Wada Eisaku





和田英作「朝陽富士」。
松林の向こうにそびえる霊峰は
あけぼのの色彩に染まり
神々しくも穏やかな風景が広がります。
「皇室の名品」というだけあって
展覧会では縁起のいい吉祥の作品が多かったように思いますが、
印象に残ったのは静かな佇まいが胸に迫るこの作品でした。
この他にも、橋本関雪の冷たく凛々しい「進馬図」や
柿の汚れまで再現した安藤緑山の「柿置物」など……。
もっといい作品がたくさんあったようにも思いますが、
なぜかこういう作品に惹かれてしまうんだなぁ。


この展覧会は、京都国立近代美術館のみでの開催。
皇室に代々引き継がれてきた美術品から選りすぐった約180点が展示されます。
明治宮殿に飾られたもの、展覧会で買い上げられたもの、
慶事に献上されたもの、大礼で使用されたものなど来歴はさまざまながら
そのいずれもが近代日本美術の粋と呼ぶにふさわしく、
時を経てなお褪せぬ輝きに気圧される思いでした。
竹内栖鳳の作品も数点出ていますから、
道を挟んだ向こう側の竹内栖鳳展(京都市美術館)と合わせて見るとよいかと思います。

並河靖之「七宝四季花鳥図花瓶」 荒木寛畝「孔雀之図」
会場には、こんな作品がずらりと。




滞在中、京都はあいにくの天気でしたが
美術館のなかなら雨も関係ありません。
ということで、雨がひどかった日曜はひたすら美術鑑賞に励んだのでした。
おかげでかえって疲れがたまったような気もしますが(笑)





今日も明日もがんばろう。
人気ブログランキングへ  Twitterボタン



関連記事

-2 Comments

takibikozo says..."同感です。"
今日見に行ったのですが、私もこの作品が最も印象に残りました。空気感が素晴らしいですね。
思わずコメントしました。
2014.01.05 22:41 | URL | #- [edit]
スエスエ201 says..."Re: 同感です。"
> takibikozo さん

こんばんは。コメントありがとうございます。
きらびやかな作品が並ぶなかで、
和田英作の佇まいは見事でしたね。
もう一度見に行きたくなってしまいました。
2014.01.06 02:25 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://suesue201.blog64.fc2.com/tb.php/916-07eefb75
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。