足立区綾瀬美術館 annex

東京近郊の美術館・展覧会を紹介してます。 絵画作品にときどき文学や音楽、映画などもからめて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

川合玉堂「猫」

0   0


2月22日はニャンニャンニャン、つまり猫の日。
一日遅くなってしまいましたが、猫の絵をどうぞ。


川合玉堂「猫」
Cat(c.1951)
Kawai Gyokudo





川合玉堂「猫」。
いたずらそうな表情がまた愛らしいですねぇ。
あぁ、モフモフしたい……。



亜麻いろと栗いろのその毛並から、
甘やかな匂いが立って、或る晩なぞは、
一度だけ、ただ一度だけ、撫っただけで
僕までが移り香に匂ったほどだ。

こ奴わが家の守り本尊、
その支配下の一切を、
批判し、差配し、感化する
妖精か、それとも神か?

磁石に引かれでもするように、
愛猫に吸いつけられていた視線を
次にゆっくり内心に向け
自分をじっくり見つめたりする時なんぞ、

其所に見出して僕は驚く、
明るい灯、生きた猫目石(オパール)、
燐火と燃える彼奴の瞳、
そいつがじっと僕を見ている。

(ボードレール「猫」より)





今日も明日もがんばろう。
人気ブログランキングへ  Twitterボタン



関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://suesue201.blog64.fc2.com/tb.php/970-ff543860
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。